FC2ブログ

2019-08

mixi日記

MIXI日記
今では数々のSNSがありますが、釣り以外の、日常の出来事や感想は、MIXIという老舗サイトに綴ってきました。
つぶやきや、いいね、という短い文字の発信、交流を得意とする他のSNSに比し、文字制限がないこと、またグループを作成し、その内部での連絡の利便性から、また匿名登録ゆえか、刺激的な日記を書くと見知らぬ人からコメントがあったり、時には炎上したり、と、なかなか楽しいサイトでした。
今でも、テニスの仲間との連絡や世間話には、使わせて頂いています。

が、昨年末だったですかね、突然の、MIXI買収のニュース。
日記に特化したせいか、収益手段の脆弱性か、FBやLINEの台頭に抗することができなかったのか、携帯からスマホ、情報を取りにいく体制から、情報が勝手にやってくる体制への移管がスムーズじゃなかったのか、まだはっきりはしませんが、仲間内でも、すっかりMIXIに登録はしているが全く使っていない人の数の増加を見ると、TVの視聴率ではありませんが、さもありなん、とも思えてきます。

この個人のブログは、釣り日記を中心に、あくまで釣行の記録として始めていますが、私は漁師さんではありません。
釣り以外の、日常も、もちろん重要な、キャラクター形成の、要素です。
いつ、消えてしまうかわからない、MIXIに書いてきた日記も、ここにアップすることで、私個人の、人となりを補完できれば、いいのかな、と思います。

お暇な時に、こちらも覗いて頂ければ、幸いです。

130106
スポンサーサイト

またしても京都に 070401

また負けた。キーパー正面にはじくなよ。林のゴールはオフサイドじゃないよ。審判、うまく試合をコントロールしてよ。せっかくスカパーの無料放送日だったのに。あーもう。

ホーム初勝利 070407

397051976_94s.jpg
勝った。勝った。やっと勝った。ロスタイムにPKゲット。早々に先制するもOWNで追いつかれていやな雰囲気だったけど。アレックスがやってくれました。遠くから観に行った甲斐がありました。山形の芸術的なトラップ。相手のうまい個人技には2,3人で対処。いいサッカーでした。林のキープ力のなさやGKの飛び出す判断の遅さは気になりましたが、勝てばいいんです。ヴェルディは相変わらず危険地帯には飛び込まない名波やカウンターが一歩送れる服部が先発するようだと、きっと夏頃には落ちてくるでしょう。でもフッキは迫力満点。欲しい。

日本の新聞 070407

今日の朝刊で朝日も熊日もIPCCの報告書の概要発表を一面でとりあげたが、その内容がこれまでの、人類にとってすごく危機ですよと脅し続けたものから、温暖化の深刻さを初めて低減する方向になっていることにはあまりふれていない。もう誰も海面が6M上昇するなんてことはSF映画でしか言わないけれど、二酸化炭素が温室効果ガスであり、温暖化によって人類は苦境にたたされるのはまちがいない。報告書の表現を後退させたのは米や中国、発展途上国であり、これらの国は地球には悪である、と臭わせる。天声人語さえ、農薬問題をだぶらせて、ケネディと比べブッシュの不能をほのめかす(事実そうだと思うが)。がっかりである。日本のメディアは背景や裏を考えていないか伝えない。もともと単なる経済学者であるスターン報告書をブレアを中心に政治利用し、原発推進、先進国以外の成長にブレーキをかけたいがため、IPCCに圧力をかけ、多数の気候学者の良心をふみにじってまとめたゆがんだ報告書であることを日本の新聞が知らないはずないのに。しょせん原発を輸出したい旧財閥系からのお金がほしい政治家の太鼓持ちにすぎないのだろうか。朝日よお前もか、という感じである。
なによりこわいのは今の日本人がゴアの「不都合な真実」や今日の各紙を見て、何も疑わず同一方向を向くことだと思う。この情報があふれる時代においても多数意見に従順に従い、疑問を持たない素直な日本人。戦争へつきすすんだ時代から民族全体で学んだことはないのだろうか。「あるある」や「不都合」を観て、何も感じない。一方向の映像を観ながらでも、その映像を作る立場になって同時に観れば、マジックより簡単にその意図を見抜けるテクニックなのに。ハルマゲドン、末法思想、世紀末、危機をあおって説得する、宗教団体の勧誘ビデオと同じ手法。
アメリカはブッシュを道化師にすることでその背後にいるグループは着実に次の時代をみている。地球にやさしいかどうかは別にして戦略を持っている。日本は?。あー日本人は?
アジアやアフリカの貧しい国々を体験することを国民の義務にしたら、この国も国民もだいぶ変わるんだろうけどな。

負けに何を見出すか 070408

今日はテニス大会。初めての経験であり、チーム成績はもとより、個人レベルでも不甲斐なさばかりを感じる3戦であった。思考と動作が一致しない、年齢から来る失敗はしょうがないとしても、やはりふりかえると迷った瞬間にミスをしている。決めよう、かっこよく。逆をついてあわてさせよう。そんな色気を浮かべた瞬間、ミスをして負けている。先にfortyにしてから一本が取れない。デユースになってから大事な一本が取れない。これまた人生である。合わせるか、待つか。釣りにも似ている。隣のコートにスコート姿の巨乳のおねえちゃんが。いやそれも言い訳に過ぎない。奥様が娘が応援に来ているその場でその視線の動きを決して悟られてはならない。何事もこれ自分との戦いである。精神一統何事かならざらん。小学生の時、知ったこの言葉をもう一度肝に銘じて、本日は心地よい頭でなく、身体の疲れに身をまかせて、眠ることにしよう。おやすみなさい。

«  | ホーム |  »

プロフィール

今日も時化た

Author:今日も時化た
熊本へ戻って以来、釣りに行きたい病が復活。
船外機付きゴムボートで天草の西へ東へ。
「釣り、たまーに仕事」をモットーに、これからも頑張ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
表紙 (1)
釣り日記 (319)
肥後ボ (20)
火のボ (82)
live日記 (98)
OL (119)
MIXI日記 (365)
イタリア旅日記 (30)

御来訪ありがとうございます

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR