FC2ブログ

2010-03

あぶねえあぶねえ100324

あぶねえあぶねえ

浪人生だった長女。
親元を離れ、都会ギャルになるのを夢見てましたが、昨年に引き続き、前期試験玉砕。
さあ、困った、これから就職といっても氷河期だし、といっても2浪させる余裕もないし・・・。

崖っぷちの後期試験。
不況を反映してか、地元大学の競争率は軒並みアップ。
すべり止めがすべり止めにもならない。
どうしようアイフル?状態。

本日が運命の合格発表。
ネットで定時に見てみると・・・

何とかありました。
一浪して両親と同じ大学、学科というのも情けないやら、うれしいやら、複雑な心境ですが、とりあえず、よかった。よかった。
今夜はごちそうかな。

これで心意気なく釣りに行けます。
連荘だって、合宿だって、移住だって・・・。

おっと、仕事が少ないから、金はないな。
どうしようアイフル?

またまた、釣り以外の日記、となります。
釣り、という娯楽に、お気楽に私が行けるのも、やはり家族みんなが元気でいる、からなんでしょう。
一人でも病気なり、何がしかの悩みが大きかったりしたら、それでもこの薄情オヤジは海に行くのは行くと思いますが、やっぱり心から楽しむことは、難しいような気がします。
これからも、元気で、明るく、仲の良い、家族であってくれ、と願うばかり、です。
スポンサーサイト

いかがつれない100318

いかがつれない
100318.jpg
先週末の悪夢の連荘不出港から立ち直るため、そして家族のがまんも限界に近い烏賊への欲求に答えるべく、まだボートを洗うどころか車から全荷物をおろしていないまま、昨日と今日、西、そして東へ行ってきました。
サラリーマンの皆様からは考えられないかもしれない、連日の平日釣行、お許し下さい。
自営業ですが、仕事がないもんで・・・。

今日18日は強風高波に違いないと、冷静に天気予報を観察して、17日はトロロ漁港へ。午後3時頃、あこがれの、出港。
波はありませんが、風はやや強風。
しかし、先週金曜土曜に比べれば、凪、凪。
準備時間を短縮するため、表挿しやデッドスローは装着せずに海上へ。
それがいけなかった。
いざ沖に出てみると、かなりの風。
なめて、防寒服も車の中。
寒いし、3kmくらいで流されるし。
エギは着底もしないし、中おもりをつけても45度くらいで出て行って、あおる度にまたラインを出さないと着底しないし。
3時間ほど粘りますが、一度魚のような当たりがあるだけで、烏賊様、完全ボウズ。
日が沈んで暗くなるまでの1時間弱は鯛ラバ。
35センチの塩焼きサイズ一枚のみ。

真っ暗な中、撤収作業をし、一路東へ。
21時頃到着し、ビール補給後、護岸からエギング。
もちろんボウズ。

エアポンプの爆音を考慮し、翌朝、今日の朝は7時頃からゆっくり準備。
こう矢継ぎ早に、撤収、そして準備をするのは初めて。
やはりトレーラーが欲しくなるところです。
9時過ぎが最干の潮止まりのため、烏賊様にうしろ髪(足)をひかれながら、いつもの鯛ラバポイントへ。
西より多くのベイトや魚影が映るものの、活性は低いようで、ようやく45センチ一枚。
さて、これからだ、引き潮だ、90だ・・・、と妄想は膨らむものの、南風が西風にかわり、しかも爆風状態になってきたので、泣く泣く湾内に戻り、おまたせ、エギングたいむ。
が、昨日のトロロ同様の風の状況。
西風には強いはずの東海岸でも、山から降りてくる風は強烈でした。
1時間ほど頑張りますが、またしてもボウズ。
11時、陸あがり。

烏賊が食べたい、と自分でも抑えきれなくなり、帰路には掟やぶりの宇土の道の駅へ。
が、あるのは甲烏賊のみ。残念。

先週今週と4日間で、烏賊0杯。
うーん、赤様の50オーバーも途絶えたし、ちょっと烏賊専門でがんばろうかな。

でもなー、今日の45は、小さいまでも抱卵してたしな。
のっ込み、の季節。
目指すは赤様の10キロか、烏賊様の2キロオーバーか、それが問題だ。

倶楽部のメンバーの中には、エギングの上級者も多く、私も大きい烏賊を釣ってみたい、と思ってました。
何より、いろんな料理に使える、烏賊。
真鯛に飽きた家族は、喜ぶに違いない、と時々は烏賊狙い専用に釣行することもあります。
まあ、だいたい、烏賊という特異な生物の気持ちがわからず、どんな風にエギを動かせば烏賊の捕食行動にスイッチが入るのか、未だに理解、マスターできない私には、いつも坊主。
すぐ生体反応を求めて、魚釣りに戻ってしまう、というのがいつものパターン、ではありますが。

鯛ラバ封印すれど100313

鯛ラバ封印すれど

烏賊が食べたい、という家族のために鯛ラバの道具は最低にして、昨日本日と連荘でトロロへ行ってきました。
昨日、爆風で出港できず。
本日、激風とうねりで出港するも50mほどでUターン、帰港。

偶然お会いしたりょうすけさんと一緒に護岸からエギングしますが、風で飛ばない、しゃくっても、あっという間に手元に来てしまうということで完全ボウズ。

天候の回復を期待して10時まで頑張りましたが、雨も本格化し、無念、無念の撤収。
天気予報のうそつき!

帰路、通詞あたりをすぎると海面は鏡、風もなし。
なんで?

あー、あと一時間待てば、出れたかもしれない・・・。
うーん、難しい。

車載のまま、来週すぐにリベンジだ。

雨は合羽を着れば、何とかしのげますが、強風はゴムボートにとっては大敵。
浮力が大きく、海面から出ている部分の方が多いので、潮は別にしても、風速≒流されるスピードになってしまいます。
ある程度までは、パラシュートアンカー等で制御するのも可能ですが、あまりに強風だったり、波が高かったりすると、波を横から受けてしまう等、逆に危険因子ともなりかねません。
いつも、慎重に、慎重にいくつかの天気サイトをチェックし、熊本市から天草まで片道3時間弱かかる運転労力と天秤にかけて、出撃するかどうかを決定するのですが、予報ははずれることもしばしばありますし、飛び出た岬一つで、風表と風裏が生まれ、極端に海の状況が変わることもよくあります。
早起きし、遠い天草まで行って、荒天のため出港できない時のショック、悲しさは、なかなか大きいものもありますが、まずは安全第一、です。
引き返す勇気も、また必要、ということですね。

潮汐表狂う春100303

潮汐表狂う春
100302.jpg
わかめの話題があり、タケノコを連想、タケノコが私の頭の中に入ってくるときは、必ず後ろにはメバルがついていらっしゃいます。
みなさんのメバリングの日記にも触発され、家族も鯛以外が食べたい、一週間以上、鯛が冷蔵庫を占拠するのはいかがなものか、という意見が多く、密命を受けて、昨日、今日と連荘で山の浦へ行ってきました。

まあ、ほんとは毎年この確定申告の季節がくると決まって機嫌が悪くなる奥さんから逃げたい、という面も多々あるんですが。
秘密です。
さっそく、山ツリのレシートは処分せねば・・・

昨日は13時出港。
メバルのポイントを知っているわけではないので、がらちゃんが釣れたことのある近辺を、胴付き、ビワコエビで流します。
が、くるのはエソ、ベラ、エソ、ベラ。時々がらちゃん、のみ。
さっぱりメバルちゃんはきてくれません。
手こぎゴムボ時代、やはりベラの攻撃を受けながらも、それでもメバルを釣ってましたが、ウーン、何がいけないんだろう。
底からの高さや、誘いの仕方を変えても、フグが混じるくらいで、メバルは御留守。

やっぱりポイント開拓するしか、ないんでしょうね。
山の浦でのメバルポイント、みなさんの情報をお待ちしております。

それでも久々のエサ釣り。
必ず当たるから、飽きはしません。
家族分のがらちゃん、30~40センチのイトヨリをキープし、家族との約束はここまで。

潮止まりとなる15時には、もちろん赤様を狙って赤島沖へ。
リーダーも変えたし、針も変えた。
さあ、またまた記録更新サイズいらっしゃい・・・。

が、潮が止まりません。
風もないのに、ボートは8km/hくらいで流れます。
潮上に戻るのに出るスピードは1.8km/h。
ラインはもちろん、水平に出て、着底しません。

潮汐表による最干潮時刻、30分すぎ、止まりません。
最干潮1時間すぎ、止まりません。

結局、潮が逆転し、上げ潮が入ってきた、と感じられたのは16:30頃。
どう考えても、潮汐表と1時間以上、ずれてます。
一帯には台風の後のように、木やゴミが漂流しています。
地球の自転速度や地軸の傾きさえ変えてしまった今回の地震、そして津波の影響なんでしょうか。
昨日は高潮注意報も出てましたから、月の力もややにぶったのかもしれません。

潮が緩んだ、夕方までに、何とか赤様58と40が来ましたので、それはそれでうれしいのですが、寝る前に満潮の時間の水位に合わせて陸揚げしたはずのボートが、翌朝、方向を変えていらっしゃったのをみると、なんだかな~、という感じです。
不思議な体験でした。

本日は烏賊様を狙うはずでしたが、スピニングリールが手入れが悪く、ご臨終。
強風と小雨も降りだしたので、10時には陸上がり、完全ボーズでした。

なんだかな~?

久しぶりにエサ釣りをした日記です。
あまりに真鯛の連続するため、家族も自分自身も、他の魚種を狙いたい、ということで春告魚を釣ろうとしましたが、本命は全く釣れず。
藻が生えた、浅場はたくさんあり、春告魚もいるはずなんですが。
手こぎ時代の、逆に小さい魚を狙う腕は、落ちたのかもしれません。
日々、精進、です。

«  | ホーム |  »

プロフィール

今日も時化た

Author:今日も時化た
熊本へ戻って以来、釣りに行きたい病が復活。
船外機付きゴムボートで天草の西へ東へ。
「釣り、たまーに仕事」をモットーに、これからも頑張ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
表紙 (1)
釣り日記 (319)
肥後ボ (20)
火のボ (82)
live日記 (98)
OL (119)
MIXI日記 (365)
イタリア旅日記 (30)

御来訪ありがとうございます

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR