FC2ブログ

2011-04

遠い検量ステージ110417

遠い検量ステージ
110417.jpg
検量 110416いるか
今日は火のぼ、春の大会。
毎度のように、事前調査やら食材確保の名のもとに前日の釣りは、貧果となり、毎度のように、大会当日は、ほぼ、ぼ(甲烏賊一杯)。
またしても、厳しい二日間となりました。
先々週、先週と赤様がいい感じに釣れていたので、今回こそ、せめて検量ステージにはあがりたい・・・、と思っていたんですが。

小田床は今回が2回目。
前回の大会は、肥後ぼ時代の日記を見てみると、コロ鯛で珍魚賞はもらっているものの、やはり赤様は釣れず、言い訳みたいに、最後に大きいあたりがあったものの、優勝の文字が頭をよぎり、ラインがぷっつん・・・、と書いていましたので、まだ小田床の赤様ポイントは発見できていないことになります。

昨日は5時半頃現地入り、6時半頃出港。
風はないものの、巨大なうねり。
前回ハタやコロ鯛が釣れたポイントに行ってみますが、ベイトは少なく、たまにあたりがあっても、のらないか、エソさんのみ。
波しぶきの音に驚いて回りを見ると、20頭を超えるイルカさんの群れ、あー。

寝不足と貧果と、あまりのうねりの大きさに、半分、船酔い状態。
ぼうずのまま、正午頃、陸あがりを決意。

が、さすがの春の大潮。
スロープがきれて、まだまだ上がれない状態。
しょうがなく、少し体調も戻ったため、再度気合いを入れて長ハエ沖へ。

風が増し、潮も早くなって、やっと鯛ラバには丁度いい、流れとスピード。
最大47センチのハタや、いいサイズのサバフグ?がきてくれます。
フグを除いて、もちろん冷凍。
来週用の食材確保メーターは50%くらいまでは、復帰したでしょうか。

ようやく潮も満ち、15時過ぎに上陸。
16時からは、まいど、こちらはうれしい、おいしいビールに、おいしい、あるいはめずらしいつまみの数々。
さすがに寝不足の体には、21時を過ぎると、勝手に足は車に向かっていましたが・・・。
準備頂いた皆様、ありがとうございました。

本日は、まだ多少うねりが残るものの、ほぼ無風、凪。
潮は大潮。
昨日あたりの多かったポイントを攻めますが、早朝は潮止まり。
まったく反応がありません。

あー、まいった、また検量もできない、食材追加もできない。
一度、昨日ハタが釣れたポイントで、大きいあたり。
いきなりドラグが鳴り出す、素敵なあたりがありましたが、優勝時のコメントを考える暇もなく、すぐにフッ。
逃がした魚はいつも大きくなるもんですが、赤様なら80くらいのあたりに違いない・・・、と思いました。
まだ見たこともないけど、このエリアには巨大なやつ、赤様がいる。
あとわずかな時間だけど、一発くれば・・・。

何回も何回も、同じ軌跡を流しましたが、きてくれませんでした。
そして・・・タイムアップ!

大会でなかなかいい思いができません。
チキンなのか、妄想が肥大なのか、もちろん実力がないのは、しょうがないですが、渋い経験ばかりなような気がします。

でも、あのあたりは、よかった。
しばらく記憶に残ってくれるあたり、でした。

ありがとう、あたり、君。

でも、今度ははずれないでね、グスン。

また、釣り大会、惨敗の日記です。
食材確保もうまく、いかず。
大会は、各人が大きい魚を検量するのを、遠巻きに眺めるだけ。
つらい、大会が続きます。
スポンサーサイト

食材確保ままならず110410

食材確保ままならず
110410.jpg
110410抱卵
大会の翌週、24日には恒例となっている、桜灯籠の反省会。
場所は居酒屋「きくっちゃん亭」。
日頃、偉そうに釣り自慢を聞いてもらっている、20人弱が参加する飲み会。
わかった、日頃食べたことがないだろう、鯛シャブを召し上がって頂こう。
全員が満足するには、うん、ま、70が3枚位あればいいか。
先週の臼杵での、爆釣モードがあれば、ははは、簡単簡単。
久々のマイボートでの釣りなんで、連荘で行くけど、一日目、半日でノルマを達成し、二日目は、噂に聞く、てっぷらん、とやらに挑戦して、家族に、もう烏賊様はいい、今度は赤様が食べたい、と言わせるか。

妄想が妄想を生み・・・
昨日、今日と、久々、エアフロアの修理もあり、2月末より、こののっ込み時期に、約1.5カ月ぶりの、山の浦へ行ってきました。
皆さんの出撃予告もあり、西か東か、本渡ぎりぎりまで迷ったんですが、昨日にやや風が強い時間がある、との予報に、やはり本渡大橋は直進していました。

昨日は13時頃、出港。
小潮の割に、潮は早く、またしても渦潮が湧いていますが、それさえも懐かしい風景。
この急流の下に大物がいる。
80後半、いや90を超える自己新記録が来れば、一枚でノルマは達成できる。

が・・・。
毎回の日記に、こう「が・・・」と書いているような気もしますが、またしても反応が厳しい。
いつもいるポイントに、魚の姿がない。
おいおい、あの臼杵湾の高活性は、太平洋だけ?
たまにあたりもあるものの、かからない。

結局、あたりがあり、釣れてくれたのは17時過ぎで、35位の塩焼きサイズと、45位の何とかお刺身サイズのみ。
あー、どうしよう。
これじゃ、20人の胃袋は満たせない。

目視ぎりぎりとなり、しょうがない。
明日だ、明日だ。
烏賊様はちょっと我慢して、早朝2、3時間で赤様を追加しよう。

港に帰ると、最干から2時間も経過しているはずなのに、まだスロープは切れ切れ。
しょうがない、湾内で漂いながら、時間を使うために、船上で二枚の赤様のお腹を処理。
45のお腹を出し、海水で洗うため、尾っぽを握り、海中へ・・・。

風は強く、確かに船はかなり流れていました。
思わず急流に、というわけではありませんが、握力が弱っていたのか、魚がツルッ。
なーに、タモで掬えば・・・、待ってくれ、貴重な食材・・・。

お腹を出された赤様は、かなりのスピードで沈下されていきました。
もうほとんど真暗で、流された位置に戻っても、全く姿は見えません。

あー、赤様。
しょうがない、明日だ、明日だ。
このショックを忘れさせてくれる大物が、来る。
絶対、釣る。

そして今日は6時、出港。
風もなく、潮も遅い、山の浦では絶好の条件。
そして、来ました、来てくれました。

相変わらず入れ食い、とはいきませんが、ポツ、ポツ、と50オーバー(max57)が2枚来ます。
よし、これで何とか食材の50%くらいは確保できただろう。
後は来週の大会の時に追加すれば・・・。

渋いまでも、十分久々の山の浦を堪能し、13時頃陸あがり。
一週間後の大会までに洗わなくていいよう、ゴムボートを乾かしたりして、ゆっくりゆっくり片づけ。
久々の心地良い疲れを味わいます。

そういえば、大漁だったら烏賊様と赤様を替えましょう、という人もいたけど、電話もないし、よし、このまま静かに安全に帰ろう・・・、まあ、いい釣りだった。

赤様は冷凍するとして、そういえば今日家族が食べるのは、ガラちゃんしかないな。
罪ほろぼしに、canalさんが紹介していた、何とかプリンでも買って帰るか。

と、大矢野警察署近くの店に、寄ったのがいけなかった。
国道に戻ると、何故だか、テニス仲間からメール。
「いま、後ろの後ろにいます。釣りの帰り?、釣れた?」
そう言われると、「鯛はあるけど、いる?」
と答えてしまう気の弱く、見栄っ張りの私。
おさかな村へ寄ってから、追いつく、という仲間に、じゃ、三角のローソンで待ってるから・・・。
あー、50オーバーの一枚が、貴重な一枚が・・・、消えていきました。

おさかな村から、ローソンに向かっていると、妙に車間をつめてくる車が一台。
そんなに急いでも、先は詰まっているよ、と思いながら運転していると、携帯に着信。
その車、からでした。

偶然とは恐ろしいもんで、何と運転手はノブちゃん。
私の車のステッカーからわかったようで、一緒にローソンへ。
ランガンに行ったところ、牛深方面へ遠征する人から拉致されたようで、その状況や、皆さんの釣果を聞いたり、と。
そして、ありがたや、ありがたや。
すっかり諦めていた、烏賊様を一杯、こちらから赤様を交換することもなしに、戴いてしまいました。
ノブちゃん、ありがとうございました。
烏賊様を頂く人は全て、我が家の救世主、メシア、です。

結局、食材確保のノルマは、約25%達成、というとこでしょうか。
残りは大会前日、当日に頑張るしかありません。

でも大会に弱いしな・・・
皆様の、暖かい義援魚、お待ちしております。
月曜まで、合宿するかな。

いつからか、地域のイベント、桜灯籠の反省会、打ち上げを、この時期に「きくっちゃん邸」、我が家でやるようになりました。
広すぎるリビング空間があるため、でしょうが、時間を気にせず、議論し、呑むには、絶好の場となっています。
しかし、問題はその会費。
折角、お店じゃないとこで楽しむ限りは、多くは集めたくない、気軽に多くの人に参加してほしい、ということで、毎回、飲み物は自分の分+αを持参、会費は1000円のみ、と決めています。
当然、豪華な食材を買うわけにはいかず、どうしても鍋、それも野菜や麺の比重が高い、鍋がメイン。
あとは乾物、というコースになりがちです。
予算が予算だけにしょうがない面もありますが、接待する方としては、もう少し、普段食べない物を出したい、おいしい物でお腹をいっぱいにさせたい、との思いもあります。
釣りに行く時は、おいしい魚を食べたい、という欲求よりも、やはり釣って面白い魚を釣りたい、と出撃しますが、この時のように、食材確保をノルマとして釣りに出かけることも、何故か、最近多くなってきてます。
どちらが楽しいかは別にして、食材確保も、元々の人間の本能には違いないはず。
これからも、頑張りたいと、思います。


真っ赤なイケス110403

真っ赤なイケス
津久見島
真っ赤なイケス

春休みもあとわずか。
金も時間もなく、ほっておいた次女だったが、ストレスもたまりきったらしく、おばあちゃん家に行きたい、何か買って欲しい、連れていけ、とノタマウ。
ゴムボートのエアフロアの修理が、震災の影響でなかなか戻ってこず、同じく釣りに行けなくストレスがたまりきった私には、渡りに船。

さもありなん。
行こう、行こう。
でも奥さんが用事で行けない状況で、その実家に行くには、別のストレスもやはり伴う。
大分弁も未だに100%理解はできない。
しょうがない、釣りができるなら、・・・、行くよ。

ということで、小型ながら漁船を所有する義父への出港依頼等の根回しを奥さんに任せ、次女と二人。
昨日から、臼杵へ行ってきました。

昨日、正午頃、出港。
普段はコマセダイしかやらない義父に、初めての鯛ラバ授業。
船をアンカーリングしないで、流しながら釣るのも初めて。
水深しか表示しない魚探しか搭載していない船なんで、熊本からGPS魚探を持ち込んでの、流し釣り。

これまでコマセダイで実績あるポイント付近を、幾度となく流します。
瀬もありますが、東ほど急峻ではなく、鯛ラバ初心者の義父も、根がかりさせることもなく、教えた基本動作を忠実に繰り返します。

が、近くにコマセダイの船が数艘いるせいか、まだ時期が早いのか、鯛ラバにはあたりもほとんどなく・・・。
ようやく2時間ほどして、大きいエソをお互い釣りますが(臼杵ではオウハン料理に貴重な食材)、その後も、釣れたのは私が30位の塩焼きサイズ2枚のみ。

義父の集中力も切れかかり、今度はあの辺に、いやもうちょっと沖側に、と、ハンドルではなく、木製の舵を操作する私に注文が増え始めた、16時過ぎだったでしょうか。

最初に攻めていたポイントを、風向きが変わり、多少違った角度で流していると・・・。

久々、でした。
いつ以来だろう、赤様の入れ食い。
型は最大55センチといまいちでしたが、ぽんぽんと5連荘。
のっ込み前ですが、元気のいい桜鯛が、一流し一枚のペースで上がります。
うーん、ついに春だ。長いスランプの脱出だ。
今月の大会の事前練習としては、場所は違うけど、いい経験になった。
きっと検量ステージにも、今度は行ける!

んっ?、その度にタモを入れてくれるのは義父。
あー、そう言えばもしかして、釣れているのは、私だけ。
鯛ラバ初挑戦に頑張っている義父には、最初のエソ一匹のみ。

婿さん(私)、って偉いな。

ほんとはのっ込みの、記録サイズを狙ってはいたんですが、このままじゃまずい。
今後も臼杵に行って、アンカリングしない釣りをさせるためには、是が非でも義父に一枚釣ってもらわねば・・・。

なんてほんとは全く考えていなかったんですが、期待通り?、それから義父の一人舞台。
魚探を見ながら、はい、今チャンスタイムですよ、と伝えると、即ヒット。
上る、と決めていた17時過ぎのわずかな時間に、ぽんぽん、より早いタイミングで3枚の赤様ゲット。

もう、上がりましょう、と声をかけるのが悪い位、上機嫌な義父。
もちろんアンカリングと地合が偶然一致すれば70くらいの赤様はこれまでにあげている義父ですが、細い竿、細い糸でやりとりするスタイルはひどく気にいった様子。
臼杵湾にも、鯛ラバファン、誕生です。

次に行った時は、スパンカを付けているかも、しれません。
GPS魚探も買い、鯛ラバのまとめ買いをしてるかもしれません。
体が弱ったり、釣りに興味を覚えなくなって、その漁船を譲り受ける、という私の秘かな計画は、もうちょっと先に伸びそう、です。

まっ、いいか。
結局二人で40~55の12枚の赤様で、船のイケスは真っ赤になりました。
熊本を離れても、大漁の赤様の刺身を見せられ、次女は閉口していましたが、包丁が違うのか、締めてからの時間が違うのか、桜鯛という時期のせいかはわかりませんが、いつも以上のおいしい刺身。
演技とは思えないくらいに、おいしい、おいしい、と食べていました。

うーん、親孝行な婿さんと孫、でした。
さっ、今度は熊本で爆釣・・・だ。

奥さんの実家は大分県臼杵市。
義父は定年後の楽しみとして、小さい漁船を購入。
家から係留する港まで、車で5分という、うらやましい環境。
時々は私も、沖に連れていってもらってます。
しかし、臼杵湾は外面しているにもかかわらず、潮が遅いためか、漁師さん含め、流しながら釣りをするスタイルは普及していません。
アンカーを入れ、オキアミをたっぷり入れたカゴ仕掛けで、皆さん、真鯛を釣られています。
アンカーがうまく入り、潮がほどよく流れれば、入れ食いになることもありますが、魚影が濃い、折角の場所で、一か所で釣るのはもったいないな、と常日頃、釣行の度に思ってました。
そこで今回は鯛ラバを持ち込み、私が船頭となって、流し釣りに挑戦。
見事、作戦成功だった、釣行記、です。
が、その後、義父が一人で鯛ラバをやってみても、あまり釣れてない、とか。
やっぱり魚探の見方や、地形の見方は、そうそう身につくもんじゃ、ないんでしょうね。

«  | ホーム |  »

プロフィール

今日も時化た

Author:今日も時化た
熊本へ戻って以来、釣りに行きたい病が復活。
船外機付きゴムボートで天草の西へ東へ。
「釣り、たまーに仕事」をモットーに、これからも頑張ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
表紙 (1)
釣り日記 (319)
肥後ボ (20)
火のボ (82)
live日記 (98)
OL (119)
MIXI日記 (365)
イタリア旅日記 (30)

御来訪ありがとうございます

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR