FC2ブログ

2012-03

春は夕暮れ120329

春は夕暮れ
120329.jpg
山の浦夕暮れ
明日は、設計したパン屋さんの地鎮祭。
施主は球磨郡在住のため、鯛の手配ままならず、神主さんからイリコでいいですよ、と言われたとか。

いや、それはいかん。
やはり神棚には、赤い魚が似合う。

わかりました。
秘かに私が釣ってきて、プレゼントしよう。
安全に、そして、いい建物ができますように、60くらいの見栄えよく、おいしい赤様を釣ろう。

折角の陽気に、連荘したい。
しかし、今日は次女の同級生が15人もBBQをしに、我が家へ。
火起こしをしてやらねばならない。
帰る時間を考えると、今日は早朝3時間ほどしか釣りはできないが、前回の高活性を考えると、まあ問題はなかろう。
一日目はまず担保の赤様を一応、一枚釣って、あとは烏賊様を頑張ろう。

と、気楽な考えで、昨日、朝から、沖でマキマキします。
潮が速くなると、湾内でエギングしながら、次の潮止まりを待ち、また沖へ。

が・・・。
あたり、すら、ない。
あんなに映る魚影にもかかわらず、口を使ってくれない。
たまにかかるのは、エソくらい。
担保となる、赤様が全く釣れない。
前回の活性は・・・?、いとわろし、です。

烏賊様は型は500前後と小さいものの、新規開拓ポイントで釣れましたので、手でつかもうとして逃げられたキロ前後の一杯も含め、短い時間の割には、楽しめる結果となりました。
いとをかし、です。

結局、赤様がきてくれたのは、日も沈みかけ、体力のメーターも限界を感じ始めた、午後6時過ぎ。
最後のチャレンジと、だめもとで、鯛かかった、鯛かかったと歌いながら操船、いつもの実績ポイントからは少し離れた地点で、流されはじめて、すぐのあたり、でした。
春はやはり、夕暮れが、いとをかしです。

が・・・。
待望の赤様が釣れたのです、が・・・。

10分以上の格闘の末、上がってきたのは、80(80.3センチ、7.3kg)。
神棚にはおそらく、載りません。
仮に載せられても、お神酒や花器を置くスペースを奪ってしまうのは必至。

二年ぶりの80に、うれしいやら、困惑するやら。

何とか60くらいの赤様を釣ろうと、今日も早朝から時間ぎりぎりまで粘りましたが、ついに、来ず。

しょうがなく、明日の地鎮祭には、お腹も出さずに、そのまま80を持って行こうと思います。
神主さんはどんな表情をするのか、期待大、です。

赤様50は一枚加えて6/20。あと14枚です。

(2012年03月30日15:14)
地鎮祭
無事に地鎮祭が行われました。
鯛を釣ってきました、と神主さんに言うと、三方を渡され、これに載せて下さい、との返事。
いや、すいません、とても載りませんと、クーラーの中の赤様を見せると大興奮。
こんな鯛は見たことない、と言いながら、携帯で写真を撮られてました。
設置については、棚の幅が幸い1200ほどあり、他のお酒や果物を載せた三方を押しやって、何とか左隅に、方持ちで。
風が強く、台の脚も華奢なため、ひっくりかえりはしないか、びくびくでしたが、何とか式が終わるまで、鎮座していてくれました。
お施主さんも大喜び。
料理できるなら、そのまま持って帰ってもらっていいですよ、との誘いには、丁重にお断りになりましたが・・・。
今夜から、しばらくはまた我が家は真鯛づくし、です。
いとをかし。

勝手にノルマを自分に課し、現場で悪戦苦闘する釣行が増えてきたのが、この頃からでしょうか。
何も約束しなきゃいいのに、と家族も言い、自分でもそう思い、後悔することも多いのですが、逆に海上で集中力を保つにはいいのかも、しれません。
自身、3枚目の80オーバーが釣れ、うれしいのはうれしいのですが、場にあったサイズを釣る、というのも、難しいもんですね。
まだまだ、精進、です。
スポンサーサイト

めで鯛120314

めで鯛
120313.jpg
今日は、次女の高校入試、合格発表。
先週受験後の自己採点では、各塾発表の合格ラインにわずかに届かず。
本人はあきらめ、親は、いやいやまだわからん、塾の発表は多少安全側のはずだからもしかしたらもしかして、いざとなったらバドの好成績がものをいってくれるかも・・・。

もんもんとした家庭内の空気に耐えられず、昨日逃げるように、山の浦へ行ってきました。
赤様も釣りたいけど、お祝の鯛になればいいけど、残念タイになるのも困る。
次女は食べるなら赤様より烏賊様がいいと言う。
わかった、烏賊様を釣ろう、と決め、出港した7時半くらいから、2時間も頑張りました。
数投で500gほどの今年初アオリ。
おう、これはいい。
キロアップ、いや2キロアップもくるかもしれない。
クーラーに入りきらない烏賊様を見て、悲しむ次女にも笑顔が戻るかもしれない。
と、一気に妄想は膨らみましたが、いっこうにその後がこない。
場所も数か所変え、ようやくロリちゃんを釣りますが、そうこうしてる間に、沖をみると潮止まりの時刻。

えーい、ごめんよ次女。
やっぱり大きい赤様が釣りたい。
もし残念タイになっちゃったら、最近お気に入りの味噌漬けで、たくさん食べてね。
漬け、もたらふく食べていいよ。
ほんとは、潮が緩むまでの時間つぶしだった、烏賊様狙いにも勝手に言い訳をちりばめ・・・。

前回、あたりも、魚影もなく、ぼうずをくらった、山の浦の赤様狙い。
が、昨日は真冬並みの寒の戻りだったとはいえ、魚影は濃く、なかなかかからないものの、底から中層まで、あたりも頻発します。

結局キープサイズは50、一枚のみでしたが、もう海の中はすっかり春なようです。
次回は連荘で、烏賊様、赤様を爆釣したい、できるんじゃないかな、と思わせてくれる、海の様子でした。

赤様50は一枚加えて5/20。あと15枚です。

あっ、今、連絡があり、次女は無事合格したようです。
ヨッシャー。
めで鯛、だ。

何故、人は、私は釣りに行くのか?
もちろん、狩猟本能を満たしに行くのですが、現実から逃避したい、という場合も多々あります。
あんまりできがよくなかったらしい、次女の入試。
発表までの、家庭内の何とも言えない重い空気から逃れるために、この時は釣行したような記憶があります。
体と心を十分、疲れさせ、よく寝る。
ボートや釣り具の片付けをしたり、日記を書くことで、気を紛らわせる。
信じにくいことでしょうが、ほんとにこの日記を書いている時に、娘から合格だった、と連絡が。
想い出深い、日記、です。

やすらぎの湯120301

やすらぎの湯
120301.jpg
2月の最初にひいてしまった、7、8年ぶりの風邪。
ほぼ治りつつあった第2週も、溶岩の祟りか、週末の鹿児島遠征でぶりかえし、しかもインフルエンザへとパワーアップ。
タミフル服用で、何とか平熱に戻るものの、未だ、朝には多少の咳やタン。
都合、ほぼ1か月の、風邪さんとの長いお付き合いでした。

これではいけない。
体力も完全に回復させないと、この乗っ込みの季節に、釣りに行けない。

わかった。
そんな時は温泉で温まり、天然の力で、風邪を完全に追い出すに限る。
温泉へ行こう。

と、いうことで、午後から弱雨、という天気予報に反し、深夜早朝から冷たい雨が降り続く中、牛深に近い、やすらぎの湯まで行ってきました。

更衣室の天井や壁に残る、雨漏りの痕は気になりますが、木造架構表しの気持ちいい浴室空間。
たっぷりと、リフレッシュすることができました。

入浴料も350円とリーズナブルですから、牛深方面へ出撃の際はご利用いかがですか。



なお、折角牛深近くまで行くなら、と、ついでに、あくまでもついでに、山の浦の様子を探ってきましたが、赤様はあたりすらなく、烏賊様は甲烏賊のみ、と厳しい結果、でした。

まっ、ついでだから、いいけど・・・。






あー、寒かった。
グズッ・・・、また風邪が・・・

まーた、性懲りもなく、釣りに行ったのに、あまりの貧果に、別の目的を堂々とねつ造、してますな。
風邪も治りきらないのに、無理して行った、バツ、でしょう。

«  | ホーム |  »

プロフィール

今日も時化た

Author:今日も時化た
熊本へ戻って以来、釣りに行きたい病が復活。
船外機付きゴムボートで天草の西へ東へ。
「釣り、たまーに仕事」をモットーに、これからも頑張ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
表紙 (1)
釣り日記 (319)
肥後ボ (20)
火のボ (82)
live日記 (98)
OL (119)
MIXI日記 (365)
イタリア旅日記 (30)

御来訪ありがとうございます

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR