FC2ブログ

2012-12

潜伏確変 121129

潜伏確変
121128.jpg
週末毎の地域活動もあって、釣行自体が少なく、また釣果も、例年11月、12月がそうなように今年も極貧果が続いているが、この、ここ数回の釣行では、いつもと、ちょっと違う、感覚、というか、予兆みたいなものが続いていて、疲れとともに、沸きあがる期待感が、帰路、そして次の往路を助けてくれている。

パチンコをしない方には、なじみない言葉だろうが、確変の中には、すぐには大当り、とならない、潜伏、あるいは隠れ確変と呼ばれるシステムを採用している機種がある。
かからなかった、普通の変動直後に、何故だか、台上部のカウンターがリセットされる。
もちろん、派手な音楽や映像があるわけでもないので、気付かない、女性や高齢者も多い。
が、だ。
それから、また普通に打ち続けると、厳しい時はさらに100回転近く必要な場合もあるが、突然、確変が、来る。
しかも、通常の確変より、継続が長く続く、大規模な爆発になることが多い。

まさに、ここ数回の釣行は、その潜伏確変、の予感。
つまり、大物、が来る予感が、期待が、いつも以上に、している。

トロロへ行っても、山の浦へ行っても、腕が未熟なため、毎回、逃しているが、必ず、複数回、経験していないサイズの魚の当りが、あった。
針がのばされ、折られ、リーダーが切られ、PEが切られ、途中で外れ・・・。

90を超える赤様、かもしれない。
150近い、青様かもしれない。

残念ながら、烏賊様だけは、全く、大物どころか、一杯でも、釣れる、予感はないが、こと、魚については、近々の釣行で、大物が獲れる、予感がしてならない、のである。

ということで、期待感いっぱいに、また平日の昨日、トロロへ行ってきました。
7時30分に出港。
東風が強く、まあダメだろうけど、と自分に予め言い訳しつつ、お決まりのエギング。
すると、第一投目に500g程度の、ほんとに久しぶりのアオリ。
すっかり気を良くし、ボートは2km/h以上で沖に流れますが、何度も何度も浅場に戻っては、ティップラン。
約束?の40分を過ぎ、結局1時間粘りますが、追加できたのは、ロリちゃん一杯、のみ。

強かった陸風も、ようやく海風に負け出したため、いよいよ大物を求めて、45mポイントへ。

そして、ついに・・・。

あーあ、また、やられてしまいました。
今回も3回の、大きな当りがありました。

一度目は水深の半分くらいまで浮かせましたが、途中ではずれ、二度目はすぐにリーダー切れ、三度目はかかった瞬間、ドラグをうならせながら20mほど走りましたが、何故かPE切れ。

鯛ラバやインチクを着底させる度に、リーダーが毛羽立っていましたので、水深20mほどで漁師さんが狙っていた、50センチほどの鰆が沸いていたんでしょう。
特に最後の当りは、くやしかった。
メータークラスの、鰆だったのでは、と思います。

潜伏確変時には、カウンターがリセットされる、と書きましたが、機種やホールによっては、エセ潜伏、というのもあります。
そのうち、確変が来る、と粘っても、一向に来ない。
100回転過ぎても、200回転過ぎても、来ない・・・。

これから、年末、年始の釣行が、エセ、じゃないことを、祈る、ばかり、です。

ここ数回の釣行で、大物を逃がしてばかりいたため、ほんとに、次は獲れる、次こそ獲れる、とまだ見ぬ大物を夢見ながら、高いモチベーションで、海に浮かんでいました。
風は吹いている、機は熟した・・・、と思っていたんですが。
相変わらず、チャンスは続いていますが、この後も・・・。
まだまだ、未熟、です。
スポンサーサイト



忘我ならず121117

忘我ならず
防蛾灯夜
防蛾灯昼

先日の熊日だったか、苓北町の防蛾灯のニュース。
この数年、近くを通る度に、その幻想的な風景を楽しんでいたが、農業には疎い、私。
何を植えていて、何の目的でオレンジ色の照明をするのか。
イチゴや菊のように、成長を促進させるための、ちから技なんだろう。
夜も眠れず、かわいそうに・・・。
程度に思ってましたが、記事によると、昼間と誤解させることで、蛾の侵入、交尾、排卵を妨げる目的、だとか。
人間と違い、明るいと、繁殖行動もできない、蛾の哀れさを思うとともに、夜を無くす、という行為を巨大なエリアで実現できる、苓北町の財政状況も、原発が再稼働できない状況で、さもありなん、ますます火力発電所から流れるお金も、大きいものになっていくんだろうな、と想像します。
そんな防蛾灯の設置目的とは別に、その幻想的な風景をまちおこし、にも使おうと、見学イベントが企画されているとか。
シンプルですが、ナトリウムランプが畑に数百、並ぶ姿は、埼玉で見た、クリストのアンブレラプロジェクトにも似て、多くの観光客を呼ぶかもしれません。

おうっ、それなら、人でごったがえす前に、苓北町に行き、あの、この世のものとは思えない風景を、是非、堪能しておかねば。
うまく撮れるかどうかは、疑問だが、写真も撮っておかねばならない。

ということで、昨日、まだ満天の星空が見えるなか、苓北町の、レタス畑一帯へ行って、きました。
もちろん早朝6時に、私の他に観光客もいるはずもなく、志岐周辺の巨大なレタス畑が独占状態。
携帯のカメラでは、やはり、その場の怪しげな雰囲気をうまく切り取ることはできませんでしたが、何とも言えない、SF映画に出てくるような、荒涼とした風景に、寒々しくもあり、暖色系のランプに温かみもやはり感じ・・・。
蛾、夜の蝶にでもなって、上空からも眺めてみたい。
色んな感想が出てくる、貴重な体験でした。

まだまだ、収穫時期までは点灯されると思いますので、皆さんも見学されては、いかがでしょうか。
お薦め、です。



なお、またしても、ついでに、いやたまたま、夜が明けて、明るくなってみると、近くに海があったもんで、7時~13時くらいまで、浮かんできましたが・・・。

烏賊様、40分頑張るも、あたり、なし。
赤様、入れ食いとなる時間があるも、全て40以下、リリース、計7、8枚だったか。
キープしたのは、誰かの日記ではありませんが、コチいっちょ。
42センチのマゴチ、一匹のみ、でした。

あーあ、船上で、忘我で爆釣、のはずだったんだけどなぁ・・・。
さっ、次の見学ツアーは、どこにしよう。

新しいSNSでの、日記第一弾ですが、相変わらず、おばかな日記で始めてます。
ペーロン船の練習や、今回はあろうことか、単なる防蛾灯の幻想的な風景を見に行くことが、主目的。
釣りはあくまで、ついでと、もののはずみ、と・・・。
日記の流れに慣れてしまった、他のメンバーの暖かい、思いやりあふれるコメントに救われていますが、一体、いつになったら、言い訳の一切ない、爆釣日記が書けるんでしょうか?
精進、あるのみ、です。

OL釣り日記

OL釣り日記
先月、また気心の知れた仲間が集まり、とある、新しい釣り倶楽部、及びSNSが始まりました。
なんでもOLがたくさんいるよ、という言葉にひかれ、すぐさま私も参加させて頂きましたが、まだ一度も、それらしき女性には、残念ながら、海でも、吞み会でも、SNSでも、会うことができていません。
今日、観た、ワッゲンオッゲンに出てくる、中年の芸者さんも悪くないな、とは思いながらも、秘かに、間違って、若い女性とお友達になれることを夢見て、しばらくは、この、愛すべき倶楽部に、染まりたいと思います。

相変わらず、貧果の言い訳を中心に、長々と駄文の日記を新SNSにも、書いていますが、メンバーの方々の賛同もありましたので、個人の記録として、このブログにも、原則そのまま、アップしていきたいと思ってます。

また、時々、ばかな、腕のない釣り人の、たわいもない騒動を、楽しんで頂ければ、幸い、です。
原則、一か月遅れの、コピペ掲載で、前カテゴリーの日記と同様に、自分でちゃちゃを入れながら、興奮を蘇らせる形にしたい、と思います。
乞うご期待・・・、誰もしてないか。

新しいカテゴリーの開始に向けて 121201

«  | ホーム |  »

プロフィール

今日も時化た

Author:今日も時化た
熊本へ戻って以来、釣りに行きたい病が復活。
船外機付きゴムボートで天草の西へ東へ。
「釣り、たまーに仕事」をモットーに、これからも頑張ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
表紙 (1)
釣り日記 (321)
肥後ボ (20)
火のボ (82)
live日記 (100)
OL (119)
MIXI日記 (365)
イタリア旅日記 (30)

御来訪ありがとうございます

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR