FC2ブログ

2013-10

ふふふふふふ 130923

ふふふふふふ
222222.jpg
別に、なんてことはないんですけど、牛深からの帰路、それも港を出てわずか数キロで、愛車のトリップメーターが、ついに2並び。
車といい、ゴムボートといい、奥さんといい、長い長い付き合いです。
貧乏人の鑑、ですな。

ということで、晴天、微風、波も穏やか、しかも大潮、と暑さを除けば最高のコンディションの中、秋の大会へ参戦すべく、土曜より牛深へ行ってきました。

金曜夜が吞み会でしたが、男性は2割、8割は美しいお母様たち、という楽しい宴会のためか、ついつい呑み過ぎ。
土曜早朝の8時の潮止まりには浮かんでいたい、と思ってましたが、やはり起きれず。

いつものガン瀬まわりに着いたのは、11時近かったと思います。
引き潮が行き出していたため、瀬の北側を中心に攻めてみますが、鯛ラバに全く、本命のあたりなし。
エソやフグに遊ばれます。

赤様トーナメントも大会当日は現認の95%なんで、厳しい。
何とか土曜日に80後半を釣って、一位の確定、あるいは、1・2・3の独占を、と思ってマキマキを頑張りますが、赤様は全く来ず。

午後になり、あまりの暑さに降参。前夜祭用に、青物かハタでも釣ろうと、瀬の西へ移動。
東風なんで、また幸い瀬の西面には珍しく磯釣り客もいなかったため、瀬のわずが30mくらいのところから、流してみます。
すると、スロージグジグ、数巻き目で、ひったくるようなあたりと、いきなりのドラグ全回転。

70弱のヤズでしたが、水深はわずか25mほど。
やりとりの楽しいこと、楽しいこと。
やはり青物にしても、赤様にしても、軽い仕掛けで浅場で釣る魅力を改めて感じます。
青物爆釣
それから書き込みをさせてもらったように、またしてもヤズの爆釣タイム突入。
タバコに火をつけるのに気がとられて、合わせに失敗しましたが、落とし込みにも来る、高活性。
60~70が計4本、小さいのが1本。前夜祭には十分な量の青物がそろいます。

遅れてこられたダウンタウンさんにも、入れ食いですよ、と呼んでみますが、不思議にそれからは、全くいなくなり・・・。
回遊魚のチャンスタイムは、ほんとに短い、んですね。

その後、あの海域では全く知らない赤様ポイントを教えてもらって、付近の地形の状況やベイトの付き方を確認。
一枚も釣れませんでしたが、大会当日の第一目標ポイントが定まり、やはり遅れて参戦の外海さんも加わり、意気揚々、早めの陸あがり。
だんだん絶滅危惧種になりつつあるゴムボート隊の、珍しい三連走でした。

温泉、買出し、そして料理。うっかり、真っ暗になっており、わずかなライトでヤズをさばきますが、中骨に残った身の方が、多かったような。
ザ・男の料理で、刺身とカルパッチョを作ります。
いつものように楽しい宴会が終わり、寝たのが1時近くだったでしょうか。

夢うつつの状態で、何とか起床。元気よく?、早朝の海に各艇、思い思いの方向へ出撃します。
私はもちろん、昨日教えてもらった赤様ポイントへ向かいますが、同様に全くあたりが、ない。
鯛ラバ、インチク、スロージグと、手を変え品を変えて頑張りますが、徒労の時間が過ぎていくばかり。
電話や、近くの人に聞いても同様の低活性、ということもあり、日頃は決してキープしないだろう、30のチャリコもキープ。
姑息に、当日の入賞を狙ってみます。

赤様だめ、根魚もだめ、では青物くらい入賞を狙おうと、昨日のガン瀬へ向かったのが、11時位だったと思います。
昨日と同じようにベイトはいますが、近くに巨大な丸い網を上下させて魚を獲る漁師さんがいるせいか、全く、あたり、なし。

おっと、今日はどの魚種もエントーリーできないか。
大会に弱いのは、まだまだ続くのか。
と諦めかけた頃ですかね。
それほどの重量感はないですが、昨日のヤズとは違い、横走りが強烈な引きが楽しい、あたり。
青物も皆さん釣れてないようなんで、これでも入賞できるかも、とニヤケながら上げてみると、ついに、ついに。
ハガツオ
待望の良型ハガツオさんでした。
一昨年、昨年とあれだけ釣れたハガツオですが、今年はこれが初。
大会中であることなんてすっかり忘れ、一瞬で、生姜と一緒に食べる、あのうまさで頭がいっぱいに。

結局、近くで釣られていたダウンタウンさんに、良型ヤズが来て、入賞、全くなし。
またしても、厳しい、大会となってしまいました。

あまりの暑さと貧果に、早めに上がろうとしていると、釣りキチさんからの救助要請。
近くにいらっしゃった双雲さんにえい航してもらって、仲良くスローなランデブー。
栄光の曳航
湾内で迫りくる漁船に閉口しながらも、無事に帰ってきました。
単独釣行も多い、私。
日頃の整備は、やっとかないと、やっぱり怖い、ですね。

学生時代に、すぅすぅすぅと、息を吸い込むように笑う教授がいましたが、ふふふふふふ、と文字では伝わらない色んな笑い方があると思います。

うふふふ ひとつやふたつの うふふふ 
あやまちだったら うふふふ
うふふふ プロフィールになる♪

釣れても釣れなくても、入賞できてもできなくても、楽しく笑える釣りライフを、頑張って、安全に続けていきたい、と思います。

赤様トーナメント、賞金、皆様、ありがとうございました。
ふふふふふふ、です。
130922.jpg

珍しくシンクでの写真が最後に来てます。
秋の大会、そして同時に迎えた赤様トーナメント最終日の、ドキドキ、ドタドタを長い日記にしています。
今シーズンは、私含め、大物烏賊様を狙いすぎたか、赤様の80後半以上の大鯛は倶楽部員の誰にも釣れず。
3位までの表彰でしたが、トーナメントを企画した私自身が、1位、2位を運よく、頂く結果となりました。
次回は、もっと長期間で争うことにしましたので、もっと大物ぞろいの、トーナメントになってくれると、期待してます。
なお、恥ずかしながら、文章中、ヤズ(ブリの子供)と表記しておりますが、正しくはヒラゴ(ヒラマサの子供)です。
なんせ、青物の経験が少ないため・・・、食べてみて、気付くような次第で。


スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

今日も時化た

Author:今日も時化た
熊本へ戻って以来、釣りに行きたい病が復活。
船外機付きゴムボートで天草の西へ東へ。
「釣り、たまーに仕事」をモットーに、これからも頑張ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
表紙 (1)
釣り日記 (321)
肥後ボ (20)
火のボ (82)
live日記 (100)
OL (119)
MIXI日記 (365)
イタリア旅日記 (30)

御来訪ありがとうございます

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR