FC2ブログ

2014-07

暫定5位 140629

暫定5位
140629.jpg
5戦負けなしの4連勝。
プレーオフ圏内の5位に浮上。

いやはや、やっと、ですかね。
ワールドカップでの全日本3連敗のニュースはさておき、梅雨のジメジメにも負けず、いい戦いをしています。

復帰した金森。
侮辱するポーズから二試合出場停止をくらった城後。
色んな逆境を、好機ととらえ、僅差での勝利が多いものの、何とか勝ち進む姿に、感動せずにはいられません。

この秋には、きっとおいしい、歓喜の祝杯が待っている、と、期待させてくれてる、我がアビスパ。
しばらく、この梅雨、夏の夢が、覚めねば、いいのですが・・・。




あっ?、釣りの日記、でしたね。
昨日夜より現地入り。
外海さんのボートに乗せてもらい、あこがれの牛深沖の深場へ連れていってもらいましたが・・・。

赤様、またしてもエントリーサイズは釣れず。
オジサンやらハマフエフキやら、それに似てるのやら、色とりどりの南方系の魚にもてあそばれ・・・。

頑張ります。
あれっ?、写真がピンボケ。
スマホも買い変えなきゃ。
人気、一位を、目指してみますか、ねっと。

倶楽部内で今年も開催している赤様ダービー。
エントリーできるサイズが全く釣れず、順位もつかない状態。
少しはこのタイトルを見て、皆さんがドキッとしてくれるか、と思ってつけた日記タイトルです。
マイボートでも駄目、他の人のボートで深場に連れていってもらっても、駄目・・・。
今年は、烏賊様、赤様、お手上げ、です。
スポンサーサイト

プルプル 140614

プルプル
140614.jpg
あー、後半を見たかった。
朝、4時のキックオフ。
前半終了間際、オランダが追いつき、同点。

前回の決勝の組み合わせの再現は、完璧なオランダのリベンジ達成だったようで、これから録画でも、見ますかね。

ということで、4年に一度のワールドカップシーズン。
明日、日曜は日本戦。
とりあえず見るしかなかろう、と、本日土曜日、検査入院したオヤジの見舞いにも行かず、年に一度の恒例行事、キス釣りへ行ってきました。

5時に港へ着き、飛龍島へ着いたのが、6時頃だったと思います。
第一投は、恥ずかしながら、キスのダブル。
針は二本針ですが、キス釣り師たるもの、ダブルは、いけません。
第二投はシングル。
何となくキス釣りの感覚が蘇ってきます。

おー、これは高活性。
100越え行くよ・・・、と思わせてくれますが、陽が昇ると無風状態に。
ちん○かみやグチ、メゴチが邪魔をし、ペースが鈍ります。
さらに、キスのサイズが小さい。

家族からオーダーされていたお刺身サイズ。
20後半や尺キスが全く釣れません。
昔、大物がよく釣れた西目に行っても、藻が茂りすぎていて、全く釣れず。

再度、飛龍島近くへ戻り、手こぎゴムボート時代のテクニックを駆使して、入れ食いは楽しみますが、やはりお刺身サイズは釣れず。

結局、正午あがりで、51匹。
港で偶然お会いした牛ちゃんに聞くと、8時過ぎの出港なのに、二人で60匹越えだった、とか。

やはり季節が遅かったのか、数、型ともに、イマイチの釣果でした。
まっ、年に一度の義務としては、まずまず、ですかね。

さっ、次は赤様、烏賊様だ・・・。
うっ、でも、来週もさ来週も、吞み会、だったり、するわけで。
うーん、そろそろ、禁断の平日出撃を、計画、しますかな。

赤様もそろそろ型を見たい・・・。
烏賊様ももうちょっと大物賞に挑みたい・・・。
のはやまやま、なんですが、毎回釣行を気持ちよく許してくれる家族のためにも、
年一回はキス釣りに行くことにしてます。
手こぎゴムボート愛用が長かった、私。
お刺身ができる大物キスも、選んで釣ることができる・・・、と豪語しているんですが。
来年、また、頑張ります。

不思議な潮 140609

不思議な潮
140608.jpg
やっぱり指原のV2はなかった、ですね。
なかなか、頂点を続ける、というのは容易なことではありません。
もっとも、何故に昨年、一位になったのかは、誰もわかりませんが。

国会や地方、面白い選挙がないなか、現代の国民の義務であろう、AKB総選挙の視聴。
あんまり電波状態はよくありませんが、一人静かに観るために、遠い東の海へ行ってきました。

土曜日は、16時頃出港。
久々の赤島沖を目指します。
一投目で50。
続けて、60、65と、やはり久々、今年になって初めてですかね、良型赤様の感触を楽しみます。
そして、だいぶ暗くなりだした、その時・・・。
フォール中にラインが止まり、合わせてみると・・・、大鯛の感触。
おっと、来たよ。
やっぱり赤様トーナメントは私が釣らないと始まらない・・・。

なーんて、考える間もなく、ふっ・・・。
針も無事だったんで、やはりかかりが浅かったんでしょうね。
合わせ切れを怖がり、ややゆっくり目に合わせたのがいけなかったのか、合わせず待っていた方がよかったのか。
フォール中のあたりは、今後の課題、ですね。

まあ、しょうがない。
明日への期待は十分にふくらみ、19時過ぎに上陸。
既に知らないメンバーがたくさんいることに驚きながら、総選挙をアテに、心地よい酔いに沈んでいきます。

そして、昨日、日曜。
5時には出港。
実績ポイントを探っていきます。

が、来るのは40以下のチャリコが数枚のみ。
もちろん、キープする量は昨日越えていたため、即、リリース。
狙いを、大鯛のみに絞って、マキマキ道に精進します。

途中、60ほどのヤズがかかり、いつもならすぐジグに変えるところですが、狙いはあくまでも大鯛一本。
そのまま、鯛ラバで攻め続けます。

陽も上り、下げ潮のスピードが上がってくると、風もないのに、ボートは3km~5km/hで流されだします。
さすが長島海峡、若潮か長潮だったと思いますが、名物渦潮の赤ちゃんもできかけて、懐かしさを憶えるほど。
長らく留守にしてごめんね。
もう烏賊様もあきらめたし、東へももっと通うから・・・、なんてことを海に語りかけますが、どうも、海の様子が、変、というか、不思議、というか。

早いスピードでボートは移動していきますが、どの海域に行っても、ラインはほぼ真下に落ち、水深+5mほどで着底します。
今までの急流での釣りはもっぱら、ラインは水平近くの角度で出て行き、着底は100gの鯛ラバでもなかなかつかめない場合がほとんででしたが、昨日は60gの鯛ラバでも問題なく着底がわかる。
二回目、三回目の着底でも、ラインのm数はそのまま・・・、真下に落ちるのみ。

うーん、釣りがしやすいのはありがたいが、これでは釣れるはずもなく・・・。
予想通り、赤様は全く口を使ってくれなくなり、たまにガラちゃんが来るのみ。
10時過ぎに最干を迎え、満ちの潮が普通に戻ることを期待しましたが、暑さにも限界を感じだしギブアップ、11時には烏賊狙いへ。
風がない湾内では、同じ様にあたりもなく、正午には上陸しました。

いやはや、不思議な、始めて経験する潮、でした。
海面と中層、底潮が同じスピードで流れる、という、潮汐というよりは海流に近い、海水の動き。
木曜あたりに、天草を震源とする地震がありましたから、どっかの海底の状況が劇的に変わったのかも、しれません。

対馬暖流や黒潮が天草にも流れだし、マグロやクジラが沸くのも、そう遠い先ではない・・・、かもですね。

これまでの実績から、赤様なんて、真剣に狙えば軽く70オーバー、時々80オーバーと考えていましたが、今年は全く大物が釣れてくれません。
西へ行っても南へ行っても、そして東へ行っても。
少しずつ変化している鯛ラバやリールなどの道具が悪いのか、潮の巡りあわせが悪いのか、はたまた単純に腕が落ちただけなのか?
烏賊ん、赤ん、です・・・な。
起死回生、目指して、頑張ります。

«  | ホーム |  »

プロフィール

今日も時化た

Author:今日も時化た
熊本へ戻って以来、釣りに行きたい病が復活。
船外機付きゴムボートで天草の西へ東へ。
「釣り、たまーに仕事」をモットーに、これからも頑張ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
表紙 (1)
釣り日記 (319)
肥後ボ (20)
火のボ (82)
live日記 (98)
OL (119)
MIXI日記 (365)
イタリア旅日記 (30)

御来訪ありがとうございます

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR