FC2ブログ

2015-06

親不孝釣り師 150526

親不孝釣り師
150525.jpg
いやはや、忙しいというか、大変というか、不思議な二週間でした。
前回の釣りが今月の9、10日。
最期に、入院中のオヤジに赤様の塩焼きを食べさせたい、との釣行でしたが、急変で間に合わず。
ついに、塩焼きを食べることなく、眠るように、逝ってしまいました。

その後は、通夜、葬儀、各種手続き、掃除、片付け・・・。
昨年、叔母の喪主をやり、慣れた、慣れてしまった作業ではありますが、やはり実の父。
色んな遺品に、想い出が残り、時間もかかります。
霊前には、塩焼きを供えたり、焼酎を供えたり。
あの世で、ここ数年我慢していた、好きなことを思う存分、と願います。
なかなか、できた、息子、です。

7日毎に開かれるという、天国行きか地獄行きかの判定会議。
その判決が下りる、49日法要までは、残された家族も殺生をしてはなりません。
神棚も目隠しし、触ってはいけません。
色事もなりません?

等の戒めがあるようですが、ははは、正月だろうと、お盆だろうと、釣りに行っていたオヤジ、そしてその息子の、私。
今は大物烏賊様のベストシーズン。
赤様の活性も、高い。
我慢できるわけがありません。
また赤様の塩焼きを供えるから、噛めないかもしれないけど、烏賊様を供えるから・・・。
きっと、三途の川で釣りをしているだろう、オヤジも、そんな息子を誇らしげに見ているだろう、と、勝手に想像、理屈をこね、日曜、月曜と、釣りを楽しんできました。

ま、釣果は、さすがに海の主クラスを釣っちゃまずかろう、という遠慮があったんですかね?
またしても、大物を逃がして、きました・・・。
ごめんね、オヤジ。
次回は、仏壇壊す位の大物釣って、新しい仏壇、買ってあげるから・・・。
やっぱり、親不孝、ですかね。

普通の釣り人さんは、やはり49日、喪明けまでは、殺生は避けられるんでしょうね。
私は、学生時代にインドへ行ってから、日本の宗教感に違和感を覚え、頭より心で感じる、現世とは別の世界を大事に思うようになりました。
宗教とは、決して死者の成仏や輪廻転生のためではなく、あくまでも残った遺族の心の平穏を保つための手段、拠り所ではないかと・・・。
鳥葬や、ベナレス(ヴァーラナスィ)のガートで焼かれた後はガンジスに流される遺体、それをついばむカラスや犬。
すぐそばで沐浴するインド人。
話題のイスラム教はじめ、宗教戦争なんて、日本人がいくら頭で考えても、そのエネルギーがなぜ発生するのか、理解はできないでしょう。
大乗仏教の理論的武装、難易性が国民性にマッチしたのか、葬儀やお墓に相当の金をかけ、領収証のないお寺への多額の、お布施が一般的になってしまった日本。
何かが違うのではないか、日本にはもしかして、真の宗教はないんじゃないだろうか・・・。
と、常に思っています。

とはいえ、歴代の檀家制度がありますから、あたりまえの行事、出費はもちろん、それなりに務めています。
ただ、釣りに行きたい、煩悩だけは・・・。

この後、怒涛の、ほぼ毎週の出撃。
オヤジ・・・、いいよね?
スポンサーサイト



最期の赤様、か。 150510

最期の赤様、か。
150510.jpg
5、6年前に食道ガンを発症したあとは術後の経過もよく、すっかり安心していたオヤジですが、昨年肺がんを発症。
手術で右肺の3分の1を摘出。
またしばらく、平穏な状態が続くかと思ってましたが、4月に入り、呼吸が苦しくなる症状が多発。
食欲も極端に落ち、用意した食事にもほとんど手をつけません。
検査を受けると、肺に水が溜まり、その水を検査すると癌細胞が多く存在する、つまり再発、とか。
さらに経口のやさしい抗がん剤は効かないタイプのものらしく、一般の抗がん剤は体力的にも難しいだろう、つまり緩和ケアをやるしか、方法はないと・・・。

聞けば、15から喫煙し、食道ガンになる60年以上の喫煙キャリアとか。
さもありなん、呼吸器系のガンになるのは自業自得、とも思いますが、息子としては、やはり最期は楽に迎えさせてあげたい。
好きなこと、好きな物を思い切り・・・。

残念ながら、食道ガンを患ってからは体力、気力も落ち、大好きな釣りに連れていくことはゴムボートでも新しいHHでも、かないません、でした。
二週間ほど前に入院しましたが、相変わらず食欲は全くなく・・・。
体重はみるみる落ち、体力の低下も一目瞭然、です。
では、と、何が食べたい、何なら食べれそう?、と聞くと・・・。

釣り人としてのプライドがそうさせてきたのか、私が釣ってきた赤様はほとんど食べなかったオヤジですが、酸素吸入器越しに力を振り絞って言う言葉は、化粧塩をたくさん振った、真鯛の塩焼きが食べたい、と・・・。

わかった。
赤様を釣るくらいワケない。
先週の高活性ならば、あっという間に数枚の赤様を。
と、スーパーで買えばいいじゃない、という奥様の言葉を無視し、昨日、今日と、西へ行ってきました。

まあ、ほんとは、大物烏賊様を、釣りたかった、だけなんですが・・・。

昨日は出港が14時くらいだったでしょうか。
乗船してもらった外海さんと、烏賊網トラップをかいくぐりながら、浅場を狙います。
が、来るのは外海さん、ばかり。
私はまるで、烏賊様釣りの見学よろしく、全くあたりさえ・・・。

そして今日。
早朝、珍しく寝坊しなかった外海さんへのリベンジ達成。
今度は私にばかり、烏賊様が来ます。
潮、エギの色、風、シャクリ方・・・。
烏賊様って、全く不思議な、方々、ですね。

風が無風となり、ティップランではあたりもなくなった、8時頃だったでしょうか。
ノルマ達成のため、赤様を釣りに沖へ。
何とか、塩焼きに最適な45くらいを釣りますが、先週の高活性がうそのような、海況。
実績ポイントにも回りますが、既に強風が吹き始め、全くあたりもなく。
では、と再度、浅場に戻り、重役出勤の翁林さんと一緒に烏賊様を狙いますが、やはり、あたりもなく。

オヤジの症状の悪化を告げる連絡も病院からあったりして、正午には早あがり。
2キロアップの烏賊様捕獲。
赤様ダービーにエントリーできる大物赤様の捕獲、は、できませんでした。

夕方、病院へ行き、医師から説明を聞く場で、赤様の塩焼きを持ってきて、食べさせてよいか、と聞くと、塩分や諸々を制限している現状から言えば、いいとは言えないが、最期が近い本人が欲しい、というのなら・・・。
という、やさしい言葉。
明日にでも、食べれるかどうかわかりませんが、赤様の塩焼きを持って行きたいと思います。

健康で、食べたい物を食べる幸せ。
貧果だろうと、大好きな釣りができる幸せ。
もう80を超え、一昔なら大往生の年齢のオヤジですが、やはり息子としては、色んな感情があります。
自分の最期に何をしたいか。
何を食べたいか。
何を・・・。

一日一日を、濃く生きねば、とさらに思う、この数週、です。
いやだけど、もし逝ってしまったあとは、仏壇にドーンと、80の赤様塩焼きでも、供え、ますかね。

今、思い返しても、辛い一日、でした。
この日の夕方までは意識もしっかりしており、明日は塩たっぷりの真鯛の塩焼きを持ってくるから、と言って、病院を後にしたのですが・・・。
翌日は早朝から、かけつけてみると、既に意識はなく、呼吸の間隔もだんだん伸びてきて・・・。
同居のオヤジの具合が悪く、たとえ入院していても、釣りに行ってしまう、親不孝な息子でした。
それなのに、最期に食べたい、という魚も届けることは、できず・・・。
かなりの後悔が残る、別れの場面となってしまいました。

真面目な?公務員、他人と同じを良しとしない変人の私からすれば、つまらない、頑固すぎるオヤジでしたが、釣りを教えてくれたことだけは、感謝しすぎても足りることはありません。
(6年ほど前に書いた日記)
http://shiketa391.blog.fc2.com/blog-entry-14.html
二人で釣りに行っていた頃の記憶は、今でも私の大切な宝、です。

喪が明けたら、あの頃、毎週のように通った東の海へ、散骨にでも出掛けたい、と思います。
竿をまたぐな、人に迷惑をかけるな・・・。
オヤジが残してくれた、釣りのマナーに関する言葉を胸に、これからも精進するんで、あの世で見守ってて、下さいね。
合掌。

今年の案山子 150503

今年の案山子
150502かかし1 150502かかし2
150502かかし3 150502かかし4

これも恒例行事ですかね。
宮地岳の案山子見学。
早朝、6時前、現地着。
今にも動き出しそうな、さらに数を増した案山子を見てまわります。
色んな懐かしい場面を再現したり、長蛇の列を形成したり。
案山子そのものの完成度より、ストーリー展開を考えられる作者の創造力、そしてそれらを実現する地域のパワーに脱帽です。
もう少し、駐車場を増やすなり、観光客にお金を落させる仕組みができればいいんでしょうが、そうなってしまうと、逆に住民のパワーは落ちていくのかもしれません。
難しいところ、ですね。
すばらしい展示なので、これからも長く続いてほしい、と思います。

こんな早朝、誰もいないだろう、と見学を続けていると、不意に案山子の中から声をかけられます。
さすがにドキッとしましたが、平静を装い、こちらも朝の挨拶。
私のボートを見て、興味をもたれたのか、やはり釣りを趣味とされる方で、これかた片島へイシダイ釣りに行かれるとか。
海上での再会を約束?したり、等の釣り談義に花が咲きます。
いやはや、楽しい時間、でした。

なお、ついでの、あくまでも、ついでの釣り、ですが・・・。
前日は友達との飲み会。
早朝起床のため、多少アルコール量は自粛しようと思ってましたが、やはり呑み始めると、いつものように痛飲。
気分は大きくなり、赤様をあげる、と約束したような、しなかったような、あやふやな、でも、キープができる、うれしい記憶まで。

出港が8時前だったですかね。
前回、見付けたポイントで、赤様の入れ食いを楽しみます。
一流しで一枚、流す度にかかりますから、血抜き用のバケツもすぐにいっぱいに。
船上は血だらけとなります。
が、型が、こない。
最大が65くらいでしょうか。
魚探に映る赤い大物は、全くかかってくれない。
さすがに5枚をキープしたあとは、釣ってはリリース、釣ってはリリース。
今季も、大物赤様、既に白旗、状態です。

土産用の赤様もさることながら、本当の狙いはやはり大物烏賊様。
朝、1時間、午後、1時間ほど片島回りを攻めましたが、一回のあたりもなく。
もちろん、大物烏賊様、やはり白旗、状態・・・。

ヤズも釣れたし、烏賊様さえ来てくれれば、またトリコロールだったのにな。
あーあ、頑張ります。
150502.jpg

牛深方面へ釣りに行くと、毎年この時期だけ現れる案山子の展示。
トレーラーを引くようになって、なかなか駐車スペースが見つからず、素通りすることも多かったんですが、この日は早朝の現場通過。
道路際にいい具合の駐車エリアを発見し、見学することができました。
天草には海から遠く離れた、山だけのエリアもあることを再認識させてくれる、貴重な観光スポット、です。
製作者様たちの高齢化も進んでいる、とのニュースもありましたが、いつまでも続いて欲しい、いい、イベントです。
案山子に紛れてのカクレンボや、同化しての記念撮影。
観光客が参加できるスタイルにできれば、もっとお金や心も落ちるんでしょうが・・・。

«  | ホーム |  »

プロフィール

今日も時化た

Author:今日も時化た
熊本へ戻って以来、釣りに行きたい病が復活。
船外機付きゴムボートで天草の西へ東へ。
「釣り、たまーに仕事」をモットーに、これからも頑張ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
表紙 (1)
釣り日記 (321)
肥後ボ (20)
火のボ (82)
live日記 (100)
OL (119)
MIXI日記 (365)
イタリア旅日記 (30)

御来訪ありがとうございます

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR