FC2ブログ

2015-09

消えた羽ガツオ 150911

消えた羽ガツオ
150910.jpg

755.jpg

怒涛の3週連続釣行。
しかも、平日で、間隔もだんだん短くなってきたような・・・。

冷蔵庫の中の先週の釣果を、頑張って消費。
魚用のタッパーが、ケーキの箱に置き換わったのは、わずか1日。
家族の目は・・・、あきれて何も言えない、と物語っているような気がするのは、私だけ?

ということで、お付き合いだから、決して必要以上の魚を持ち帰りませんから・・・、と約束しての、西への出撃でした。

現在は福岡在住のCANALさん。
週末、アジソネへの大物釣行ということで、前日、熊本入り。
では、前々から約束していた、私のボートで、お互い大好きな羽ガツオを狙いましょう、と、台風の影響か、強い風の予報が心配でしたが、早朝、現地集合を決めました。

夜中に家を出ると、熊本市内、有明海沿岸は予報通り、10m/s近い、かなりの強風。
新月が近く、真っ暗なため、海上の様子はわかりませんが、高波が打ちつける音が、度々聞こえます。
こりゃだめだな、と氷や食糧の購入も、いつもより、やや少なくして、天草路を進むと、本渡を過ぎたあたりからでしょうか、急に穏やかな風に変わります。

いざ、西に着いてみると、港では微風、凪。
CANALさんの到着を待ち、急ぎ準備。
出港が6時前、だったでしょうか。

が、沖に出てみると、風も強まり、うねりも残っています。
まずは30mラインで様子をみますが、青物らしき魚探反応はあるものの、羽ガツオは釣れず。

では、と、波をかぶりながら、いつもの40mラインへと向かいます。
風はさらに強くなり、ボートは3km/h以上で流される状態。
ベイトが集まるポイントで、APを使って留まっての釣りも試みますが、全く反応なし。

数十回、同じ軌跡を流して、なんとか、ヒラス、ハタはキープしますが、羽ガツオは、やはり全く釣れず。
とはいえ、CANALさんがキープする、と言われる、チャリコやイトヨリ、コチ、ホウボウで、クーラーはいつの間のか、満杯近く。

そして・・・。
風が納まる気配もなく、そろそろ陸あがりを考えていた14時頃、だったでしょうかね。
久しぶり・・・、おそらく1年ぶり近く、忘れていた感覚だと思います。
大型赤様の、強烈なあたり。

はい、もちろん、羽ガツオも大きな狙いではありましたが、真の狙いはダービーにエントリーできる、赤様の捕獲。
CANALさんは、当倶楽部員ではない。
もし、80を釣られたら、お土産全てを渡し、その赤様を秘かに私が釣ったことにして・・・。
なーんていう不正も、想像しつつの釣行でしたが、何とか私の竿にきてくれました。

ボートが流れるスピードが早いため、ラインが全く巻けません。
しかし、ドラグを締めて、強引にやりとりすれば、ふっ・・・、は確実。
CANALさんに仕掛けを上げてもらい、ボートを後退させながら、やりとりを続けます。

水深の倍以上の100m近いラインが出ていましたので、最後に海面にブカッと浮いてくるまでの時間は20分くらいはかかったような気がします。

腕は筋肉痛。
後進時には、ボートの後部から波が連続して打ちつけるので、全身びしょびしょ。
いやはや、大変な、良型捕獲劇、でした。
ポンピング時の重量感から、80はないな、70くらいか、と思ってましたが、計量してみると、中間の75.5センチ。
重量も5kgと、まだまだ小さいサイズ。

とはいえ、長い、長すぎるトンネルから、赤様釣りを体が想い出した、私。
きっと来週は、80、いや90を上げることでしょう。
多分、羽ガツオの・・・。

ははは、消えた、シリーズです。
久々に、狙いの良型赤様が釣れたのに、羽ガツオ狙いだったようにカモフラージュ。
我ながら、なかなか、卑しい、性格ですな。

今シーズンは不調なのか、赤様を専用に狙わないことが多いせいか、他の倶楽部員も80オーバーが現在の時点では釣れておらず、このサイズでも現時点では、トップにたつことができました。
今週の秋の大会で、さらにサイズアップできるかどうか、が、賞金獲得のための試金石。
頑張って、昨年奪われた、赤様チャンピオンの座を、取り返したい、ところです。

どーん、と、90が釣れれば、うれしいのですが・・・
スポンサーサイト



消えた赤様 150906

消えた赤様
150905.jpg
二週連続の出撃、でした。
来週も平日に出撃予定、再来週は秋の大会、と、狂ったような連続釣行。
「親の職業は?」と聞かれて、即答で「漁師です」と答える、我が家の娘たち。
当らずとも遠からじ、ですかね・・・はあ。

ということで、外海さんと南で待ち合わせ。
ハガツオと、大物赤様を狙っての、釣行でした。

最干も近く、青物の活性も上がっているだろうと、まずはガン瀬付近の浅場を攻めますが、いつもの小型ハタ、のみ。

外海さんのブリポイント、ダウンタウンさんの赤様ポイントも回ってみますが、何も釣れず・・・。

では、いつものクジラ方面へ向かおうか、と考えていた頃、往路途中の山釣りで久々に会ったゴルゴちゃんから、爆釣の情報。
ケガ人発生で、しばし上陸されますが、また戻ってきたゴルゴちゃん号をストーカー。
すぐさま、目の前で、ゴルゴちゃんの70赤様のやりとりを堪能します。

ここは、赤様が、いる!
まだクーラー内にほとんど土産をキープできていない、私と外海さんも真剣にマキマキ、します。

が・・・。
ふっ・・・、もなく、バチッ・・・、もなく。
時刻は既に正午近く。

だめだ、でも、このままでは帰れない。
どうしてもハガツオが食べたい。
赤様の漬けも、たまには食べたい。

と、クジラ方面へ大移動。
浅場では、相変わらず、あたりはペンペンのみ。
そして、モッちゃんゲロポイントへ移動してみると・・・。

第1投で、前々回より小さいものの、45ほどのハガツオ、ゲット。
落ち込んでいた気分が急速に盛り返します。

そして、第2投・・・。
さらに大きなあたり。
よっしゃー、これは60を超えている。
とても家族では食べきらない、大型のハガツオに違いない。
昨日、西原村で買った、巨大生姜も、役にたつ。

あらぬ想像で、口の中をよだれでいっぱいにしながら、慎重にやりとり。
上げてみると・・・。

ははは、70くらいの、ヤズ、でした。
ワラササイズ、でしょうか?

失意の中、ハガツオの追加、大物赤様を、と、風と波がひどくなってきた南の海と格闘しますが、全く、釣れず。
14時過ぎの、陸あがり、となりました。

外海さん、私、と、多少、鯛ラバには経験も豊富な方だろう、二人。
が、どこへ行っても、手段を変えても、不思議に、一枚のチャリコも、来ず・・・。
大会の成績を占うものではないことを、祈る、のみ、です。
あーあ。

いつもは青物や根魚を狙っても、リリースに疲れるくらい、赤様もきてしまうことが多いのですが、この時は全く、チャリコすら、赤様は釣れず・・・。
狙われているな、と、魚も感じるのでしょうか?
気配を消して、無心で釣る・・・。
なかなか、達人には、なれません、です。

台風一過ならず 150829

台風一過ならず
150828.jpg

ジグサビキ

いやはや、大変な台風でした。
我が家は庭木のシマトネリコが倒れたくらいの被害でしたが、近隣の公園では20mクラスの松の木が倒れ、プレファブ倉庫は飛び、ガラスは割れ、塀がなぎ倒され、停電し・・・。
設計した建物のいくつかにも、多少の被害が出て、処置の手配のお手伝いやら・・・。
お付き合いのある住宅メーカーさんなどは100件を超える修理依頼があり、てんてこ舞い、だとか。

16年前?の19号?は、東京に居て、その怖さを親から聞くしかありませんでしたが、久々の大型台風の熊本襲来。
ガラス張りの我が家から、揺れる電柱を眺めながら、その恐怖を楽しんでおりました。
当時ほどではないにしろ、今回の台風で被害に遭われた皆様にお悔やみ申し上げたいと思います。

ということで、朝夕の気温がいっきに下がった、昨日、路傍の被害状況を確認しつつ、西の海へ行ってきました。

うねりもほとんど取れ、流木もそれほどなく。
台風で劇的に変わっただろう、海。
不調に悩む私にも、大物が来るだろう。
赤様ダービーはもちろん、間違って烏賊様ダービーもサヨナラ逆転大物が来る、に違いない・・・。

と思って、小雨が降ったり、暑い日差しが出たり、と忙しい天候の中、ひたすらに大物、大物と頑張った、のですが。

あーあ。
烏賊様、ロリちゃん、のみ。
赤様、55、60どまり。

でした。
また、頑張ります。

所用により、しばらくアップできませんので、1ヵ月たってませんが、連続の、早めのアップ。
8月終わりが、倶楽部内での烏賊様ダービーの締め切り。
9月秋の大会が、同じく、赤様ダービーの最終日。
烏賊様は重量勝負なので、ほとんど可能性はなく・・・、それでも間違って2キロ以上のアオリが来ないか?
赤様も、まだ3位にも入っていないが、そこは前々年のチャンピオン。
ちょっと真剣にマキマキすれば・・・。
と、軽い気持ちで釣行したのですが。
なかなか、甘くない、ですね。
初めて挑戦した、ジギングサビキでは、ハタとガラちゃんの3匹一荷、したんですが。

お盆釣行 150814

お盆釣行
150814.jpg
お盆を済ませる、という言葉があるかどうか知りませんが、お盆中に殺生はいけません、祟りも怖く、海に引き込まれるよ・・・、という風習や言い伝えもあった、かと。
今年はオヤジも初盆を迎え、その最中に釣りに行くなんて、もってのほか、自制しよう・・・。

と、思っていましたが・・・、ははは、思うわけもないですよね。
幸いというか、不思議なことに、熊本市内は東京と同じ7月の盂蘭盆。
ちゃんと、盆行事を滞りなく、執り行い、きちんと済ませての、昨日、今日、8月盆期間中の出撃でした。

昨日13日、10時頃、家を出ますが、下りは予想以上の渋滞。
帰省なのか、行楽なのかはわかりませんが、今日の下りもさらなる渋滞でしたので、やはり行楽客の車の方が多いんでしょうね。

西へ着いたのが、もう15時半過ぎ。
久々の釣行に、鯛を釣ってきてもいいよ、という家族の声にこたえようと、巨大なウネリが残る海で頑張りますが、釣れるのはエソ、Fダイ、そしてキープできないようなチャリコのみ。
船酔いと闘いながら、夕方まで頑張りますが・・・、坊主。

うーん、この低活性では泊って再度、狙っても、いい釣果に恵まれるとは、とても思えない。
温泉でも入って、気分転換。
その後、みんなが集まる、南へ行くか?
船酔い感が残る、この体調では、一人でビールを呑んでも、さらに悪化するだけのような・・・。

ということで、移動を決意。
ゴムボート時代には、片付けと準備の億劫さを考えて、ほとんど実施しませんでしたが、天草内での、移動釣行。
トレーラブルの優位さを実感します。

そして、今日。
南の海。
いくぶん小さくなったとはいえ、ウネリは残り、目的ポイントへたどり着くまで、ボートは、ばったんばったん。
軽いむち打ちにも似た、首の痛さを覚えます。

初夏ほどのベイトの集積はありませんが、ハタは入れ食いに近く、リリース多々。
赤様も50サイズがきてくれて、久しぶりの魚の感触。

あたりも遠のき、更なる大物を、と、もっちゃん艇の近くで釣っていると、不意に大きな撒き餌を投入する、音。
別名・・・、げろっぱ、でしょうか。

寝不足と呑みすぎで体調悪いんだろうな。
と、やさしく心の中では気遣うものの、撒き餌が流れてきたら、やはりいやだ。

ということで、やや離れた場所へ即、移動。
そして、流し出すと・・・、ついに・・・。
二年振りくらい、でしょうか。
記録更新だろう、60サイズの羽カツオ。

海底でのヒットでしたが、最初は全くあばれず、巨大ガラちゃんか、ヒラメかと思い、無造作にリールを巻いていきます。
それが、海面近くになってから急に右に左に。
姿が見えると、羽ガツオ!
しかも、でかい。

前回のイサキ同様、頭は興奮、パニック。
タモを構えては、またラインを出され、構えては・・・。
いやはや、楽しいひと時、でした。

このサイズになると、あんまり群れないんですかね。
その後はあたりもなく、渋滞回避のため、10時には沖あがり。
沖での船上片付けても終わり、ふと前方を見ると、無数の精霊蜻蛉。
留まることなく、ボートのまわりを飛び回っています。

ご先祖様の祝杯なのか、安全祈願なのかは・・・、多分違うでしょうけど、強烈な暑さのなかに、ほんのちょっとだけ、秋風が吹いたような、さわやかな光景と、心地よい、疲労感、でした。
また、来年!

毎年、思いますが、熊本の7月盆。
日本のほとんどの地域とずれているため、渋滞を避けることも可能だし、8月のお盆に釣りに行くことに後ろめたさを感じる必要もなく・・・、なかなか、いいシステムだと思います。
長期の夏季休暇をとる文化のない日本。
せめて、お盆休みを6月~10月くらいの期間内で、分散できないものでしょうか。
10年ほど前、子供たちに学校を休ませて、6月にドイツへ行ったことを想い出します。
まあ、もっとも、仕事がなく、常に休日状態の私も・・・?、ですが。

«  | ホーム |  »

プロフィール

今日も時化た

Author:今日も時化た
熊本へ戻って以来、釣りに行きたい病が復活。
船外機付きゴムボートで天草の西へ東へ。
「釣り、たまーに仕事」をモットーに、これからも頑張ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
表紙 (1)
釣り日記 (321)
肥後ボ (20)
火のボ (82)
live日記 (100)
OL (119)
MIXI日記 (365)
イタリア旅日記 (30)

御来訪ありがとうございます

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR