FC2ブログ

2016-02

雪の天草 160129

雪の天草
160126天草雪s

160128s.jpg
いやはや、すごい寒波の来襲、でした。

熊本市内でも水道管破裂が多発。
なにげなく外を見ていると、我が家の南側の家の、北側の蛇口が突然、破裂。
噴水のように、水が噴き出し、軒の高さを超えるほど。
すぐさま、南側へ回り、隣人の方に教えようとしますが、お留守・・・。
どうしたものかと考えますが、水の勢いはすさまじく、既に間の道路は水浸し。
これでは、留守が多い隣人ではありますが、一年分の水道代が一日で浪費されてしまうかも、と思い、隣の敷地へ侵入。
量水器と止水弁をやっとみつけて、水を止めます。

聞けば、九州内の多地域で同じような現象がおき、断水に踏み切った自治体も多い、とか。
別荘に近い使い方をする家や、完全な空家も多い昨今。
開栓した独立住宅でも、あまりに水道使用量が少ない家は、自治体が定期的に見回り、一時的に閉栓するようなサービスも必要かもしれませんね。

ということで?、熊本市内ではすっかり雪も融けた26日。
仕事で五和町へ出かけるため、これ幸い?
ボートを引っ張って行き、気温も多少あがり、風も取れる予想の、翌日の27日には西へ釣りに行こう、と計画。
交通情報、道路情報を集めます。

すると、山間部はチェーン規制継続中。
松島有料道路も通行止め。
いつ、通行止めは解除されますか?と電話で聞いてみますが、鋭意作業中ですが、いつになるとは答えられません・・・。

うーん、車単独ならまだしも、ボートを引っ張って行って、Uターンなどの操作が必要になったら、とても対処できない。
下り坂では、ボートが重しとなって、ブレーキ能力を超えるかもしれない。

と、泣く泣く、仕事ついでの平日出撃を諦めます。
有料道路が通れないため、数年ぶりに旧道を利用し、南下しますが、有明町を過ぎるあたりから、確かに残雪の量がどんどん、増えてきます。
道路の除雪も、通行部分しかやらないため、路肩と中央分離帯部分には、巨大な雪の塊が、ごろごろ。
凪の、穏やかな有明海に目を取られようなら、その塊に衝突。
ハンドルの自由が奪われる恐怖に、わき目もふらず、慎重に進みます。

そして本渡中心部へさしかかると、まだほとんど除雪がされていません。
重量のある、私の車でも、時々はハンドルをとられる状況。
ボートを引っ張ってこなくて、よかった・・・、と思います。

仕事が終わり、また旧道を使って北上。
なんとか、オリンピック予選の時間には帰宅し、深い眠りにつきます・・・。




がっ・・・。
ははは、あきらめの悪い私。
起きてみると、快晴、無風。
居ても立ってもおられず、朝食後に、再度、天草路へ。
まだ開通していない有料道路。

出港は13時頃、でした。
サラリーマンなら、想像もできない、愚行、暴挙。
お許し下さい。
今年も本妙寺桜灯籠の準備作業で、3月いっぱい、日曜が休めません。
仕事の合間をぬって・・・、まあ少ないから、合間だらけでは、あるのですが・・・、天気のいい日には、頑張って禁断の平日出撃を頑張ろうと、思います。

なお、釣果の方は・・・、連荘で、次の日の午前中まで粘ったのですが、急激な水温低下により・・・、とでも、させて下さい、ませ。
あーあ。

概ね暖冬だった今年の冬でしたが、先月末は熊本市内でも零下5度以下に下がる低気温の日が数日ありました。
九州で積雪があると、除雪のスピードは遅く、またほとんどのドライバーがチェーンを保有していないので、主要道路はチェーン規制はせず、すぐさま通行止め、に。
関東にいた頃は、年に数回はチェーンをつけて、スキーへ出かけた経験のある身にしてみると、そのドラーバー、道路管理者の脆弱さには、ため息がでる、だけです。
まっ、車を変えてから、チェーンは、私も購入していないのですが・・・ははは。
スポンサーサイト

初釣り 160111

初釣り
160110s.jpg
例年、七草前には行っていたような気がしますが、今年は多少、出遅れ。
連休の、9日、10日と、南の海へ行ってきました。

今回の主目的は、2キロアップの釣果情報も聞かれ出した、烏賊様の捕獲。
そして、年末から正月まで続いた赤様三昧からの脱却、メバルの捕獲。
この2種だけを狙う、つもり、だったのですが・・・。

この崇高な新年の目標を邪魔したのが、電動リール。
釣り仲間の、楽しげな釣行、恵まれた釣果を見て、なにより深場からの回収がいやになってきた最近の私。
誕生日の、自分へのプレゼントとして、奥様には内緒で、こっそり購入、してしまいました。

買ってみると、早く使いたくてしょうがないのが、釣り人の性。
そして、たまたま、いい思いをすると、ダメだとわかっていても同じ釣り場へ向かうのも、釣り人の性。
土曜は午後からの出撃でしたが、東風があるにもかかわらず、何より大潮であるにもかかわらず、港から目指したのは、東海岸。
年末の、赤様の高活性が、忘れられない、山の浦であれほど大潮時は東海岸はダメだと認識させられたのに、また向かう、懲りない私。

着いてみると、やはり潮は速く、ボートは6km/hほどで流され、着底もわからないこともしばしば。
インチクを1つ、奉納します。
最干が過ぎ、2時間後くらいに、やっと上げ潮と風が拮抗して、釣りやすい状態に。

電動リールの初物は赤ハタ、でした。
しばらく入れ食いを楽しみますが、2枚だけキープし、リリース、リリース。
ほぼ着底と同時にくるので、電動リールでは面白みを楽しむ島もなし。
電動リールのまま、手巻きで、赤様を、いや目的から言えば、狙ってはいけない魚だったのですが・・・、やはり、ですね。

以前の手巻きリールと同じ体感スピードで巻いてみると、表示される巻きスピードは26~27。
HIの、30まで、もうすぐの高速で巻いていたことになります。
しかし、手巻きリールのギヤ比は5.6。
購入した電動リールのギヤ比は5.1。
約1割の違いがありますから、もしかしたら、電動のHIのスピードで、あるいはそれ以上のスピードで、手巻きリールは巻いていた、と考えると不思議な気もします。

チャリコやハタを避けるために、確率は低くても良型赤様のみ狙い、超高速で巻き、かつ、途中で巻きスピードを微妙に変える私には、電動リールに任せる釣りは、向かなかったのかも、しれません。

とはいえ、魚とのやり取りは、さすが、電動。
夕刻、60の赤様が手巻きにきますが、針がかりを確信後、電動のスイッチを入れると、余裕の巻きとり。
テンションが抜けることがありませんので、短い時間で上げてきます。

おー、これは、いい。
切れるか切れないか、ドラグがうまく出ていくか?
釣りの醍醐味の一部が多少減るような気もしますが、テンションが抜けるためのばらし激減は、明白。
これから、ふっ・・・、は、かなり減ると、思います。

日曜はさらに東風の予報でしたが、朝の潮止まりだけ、と自分に言い訳して、また同じ海域へ。
満潮潮止まりでしたが、釣れるのはチビガラちゃん、のみ。
型をみたら、今日こそ狙おうと思っていたメバル釣りにも、行けず、行かず。
正午近くになり、潮が急流となったため、ガン瀬や片島方面へも行ってみますが、何も釣れず。
クジラ瀬方面へ向かおうとするも、既に強風、ウネリはきつく。
13時頃には、陸上がりを決意、でした。

二日間の釣果としては、寂しいものでしたが、ふっ・・・、の減少が見えてきた、今年の初釣り。
春には、どーん、と・・・。

メバルの仕掛けを、使いますかね。

電動おじさんに、デビューした初釣りの日記です。
安い竿、安いリール、安い漁具を使う私には、恐ろしい散財でしたが、南の海へも出かけるようになってからは、水深も60mを超えるフィールドも多くなり、何より仕掛けの回収がおっくうになってきました。
もちろん、最初の魚とのコンタクトまでは、私の好む可変スピードが電動では再現できないため、今でも手巻きでやってますが、サイズや魚種を判断した後は、スイッチオン。
楽に回収、取り込みをやってます。
こんなに楽なら、もう少し早く購入しておけば、とも思います。
不満な点は、回転がスムーズすぎて、巻きあげ時に重さをほとんど感じない点、でしょうか。
潮が効いている、とか、インチクの針がなまりに巻き付いた、という海底の状況が、手巻きリールではそのわずかな重さの違いで判断できたのですが、電動リールの手巻きでは、それが明確に感じられません。
すばらしい落下スピードはそのままで、巻く時は手巻きリールの重量感覚を再現する・・・。
そんな電動リール、ないもんですかね?

«  | ホーム |  »

プロフィール

今日も時化た

Author:今日も時化た
熊本へ戻って以来、釣りに行きたい病が復活。
船外機付きゴムボートで天草の西へ東へ。
「釣り、たまーに仕事」をモットーに、これからも頑張ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
表紙 (1)
釣り日記 (319)
肥後ボ (20)
火のボ (82)
live日記 (98)
OL (119)
MIXI日記 (365)
イタリア旅日記 (30)

御来訪ありがとうございます

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR