FC2ブログ

2016-03

春は遠い 160220

春は遠い
160219s.jpg
大雪もありましたが、全般に暖冬だったため、今年の桜の開花は多少遅れる予想とか。
3/27に開催される今年の本妙寺桜灯籠ですが、熊本の開花予想も3/27・・・。
ちょっと寂しい、イベントになりそうです。
3月の最終土曜日と開催日を決めているため、年によって早すぎたり、逆に遅すぎたり。
自然相手のイベントとはいえ、企画、準備、開催するのは、我々、人間。
苦労が無にならないよう、祈る、だけです。

ということで、その準備で、相変わらず、日曜に出撃できない状況が続いていますが、前回の釣行当日、翌日の80オーバー続出のニュースを聞くと、次は私に来るんじゃないか、いや、来るに違いない。
さらに大きい、夢の90が・・・。

妄想はやむことはなく、またしても禁断の平日出撃に、南の海へ行ってきました。

潮は若潮、しかも昼間の潮位差は1mしかない。
風も、微風の予想に、南側をあきらめ、東海岸へ進みます。
波も穏やかだったため、山の浦沖まで移動。
想い出の多いエリアで、大物赤様との出会いを期待します。

が、うず潮こそできないものの、潮止まりの時間を過ぎても、流されるスピードが一向に落ちません。
風もないのに、ボートは4~6km/hで流れます。
底潮も同時に流れるため、ラインは真下に落ち、釣りやすいはずなのですが、インチク、鯛ラバに、全く反応なし。
掟破りのエビラバ?で、チャリコはきますが、大型の気配は全くなく。

戸島まで南下しても、状況は変わらず。
ガン瀬まわりも青物の気配、なし。
片島まわりも烏賊様の気配、なし。

ということで、風、波もだいぶ強くなり出した、もう15時頃だったでしょうか。
鯨バエ付近へ大移動。
東から南を経由し、西へ。
釣りをしてるより、移動時間の方が多かったような・・・。

1時間ほどの釣りでしたが、ベイトは多く、赤様こそ釣れないものの、ハタ類は高活性。

またしても、最初からこちらを攻めていれば・・・、と後悔。
毎度、毎度、なかなか、場所と時間の選択が、うまく、いかない最近の、私です。

さて、来週末は次女の第二次志望校、挑戦。
いい春が来るように、また、平日の天気予報でも、眺めなすかね。

いつかの日記でも書いたような気がしますが、東海岸は時々、不思議な潮になるときがあります。
潮によって、どてら流しのボートはすさまじいスピードで流れるんですが、まるで船をたてたように、ラインは斜めじゃなく、真下へ。
そして、その釣りやすさとは反対に、魚のあたりは少なく・・・。
もちろん、潮は海峡全体で一様なわけじゃなく。
ある場所は上げ、ある場所は下げ、ある時は逆・・・、時には渦潮。
あたりがあったり、いいサイズの魚を釣っても、二度と同じ軌跡を流されることは、まず、不可能。
それでも、その複雑な潮と海底地形の変化に対応する漁師さんの操船技術。
早崎の瀬戸や湯島周辺、玄界灘、紀淡海峡、外房、三浦半島、伊豆半島・・・。
色んな所で遊漁船にも、お世話になりましたが、東海岸の漁師さんの技術は、抜きんでいたような気がします。
西、南、と、色んな所へ出没する我々、トレーラブルボート愛好家ですが、最後はスローが効く漁船を買って、
東海岸で余生を送るのが、夢、ですかね。
スポンサーサイト



逃避釣行 160211

逃避釣行
160210s.jpg
毎回、びびりの私は、そういう行動をとるような・・・、情けない。

昨日は、浪人生の次女の第一志望校の結果発表の日。
長女の大学受験、そして次女の高校受験の時もそうだったような気がします。
受験から発表までの、もんもんとした、何とも言えない家庭内の空気。
「なーに、アホでもオバカでもウェルカム(巷ではAO入試と言うらしいのですが)。センター試験が多少悪くても、逆転は軽い、軽い・・・」と茶化しながら、D判定に立ち向かう次女を、心の中で応援していましたが。

重い雰囲気から抜け出るように、まっ、ほんとはなかなかタイミングを見つけられない真冬の天気概況の中、釣りに行きたかった、だけなんではありますが。

今、思えば、兆候はありました。
前日には、キッチンの混合水栓の取っ手が、ポキリ。
当日の次女のめざましテレビの占いは最下位。
私の腕時計のベルトがブチッ。
そして・・・、祝いの、桜の、赤様が、釣れない・・・。
チャリコさえ、釣れない。

いやな予感は、残念ながら、的中。
正午前に、不合格の、連絡、あり。
あー、あーあ・・・。

頑張ったかどうかは、多少疑問もありますが、辛い浪人生活を一年送った次女。
せめて、第一志望校には行ってやらせたいもんだ、と思ってましたが。
難しい、もんですね。

失意のまま、釣れない時間は続き、南方面は全く潮が動かず。
東方面は激流。
水温は14.0°と、先週からさらに低下。
結果を象徴するように、極小チャリコが一枚くる、のみ。

スロープで御一緒になった方は、海上で大きい真鯛が来ましたよ、と挨拶されて、別れましたが、翌日の記事を見ると、86の赤様だった、とか。

それが、午前中、私の竿に来てくれていれば・・・。
合格発表の番号も、自然に神の手によって書き換えられ・・・。
ははは、そんなことは、ないですね。

次女は次の志望校受験に向けて、私は90オーバーの赤様捕獲に向けて、一心不乱に、頑張らねば、なりますまい。

さて、次の平日、天気がいいのは・・・

もう、子供たちの受験にハラハラするのも最後ですかね。
二人の娘たちの、入試の機会も、やっと終了。
二人とも大学入試では一年目には志望校に合格できず、一浪。
浪人後の受験も、第一志望は落ちて、第二志望へ・・・。
互いに6歳離れてましたので、一般の家庭よりは、その受験の間隔は空いたかもしれませんが、やはり親もドキドキ。
何とも言えない、重たい空気が流れるのは、何処も同じ、もうこれっきりにして欲しい、もんです。

何とか、次女もこの後の、第二志望校受験に合格。
4月からは、東京へ行くことになりました。
さらに、就職が決まってなかった長女。
一緒に上京し、就職を探す、とか・・・。
5人家族が、オヤジが昨年亡くなり、今度は娘たちが一緒に・・・。
一挙に、夫婦二人だけ。

子供たちが楽しい一生を過ごすためには、若い時は都会に出るべきだ、と思ってましたので、寂しさは封印するとしても、
問題、心配なのは、魚の消費量が落ちること。
今のペースで釣りに出かけると、おそらく一週間、毎日、魚が続く、ような・・・。
これまで以上に、海で私に会った方、たくさん、もらって下さいね。
まあ、貧果なことも、多いのですが。

«  | ホーム |  »

プロフィール

今日も時化た

Author:今日も時化た
熊本へ戻って以来、釣りに行きたい病が復活。
船外機付きゴムボートで天草の西へ東へ。
「釣り、たまーに仕事」をモットーに、これからも頑張ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
表紙 (1)
釣り日記 (321)
肥後ボ (20)
火のボ (82)
live日記 (100)
OL (119)
MIXI日記 (365)
イタリア旅日記 (30)

御来訪ありがとうございます

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR