FC2ブログ

2018-12

竿納2 181231

竿納2
うーん、やはり我慢できませんでした。
雨と風に泣かされた、前回の竿納め釣行。
例年、出撃しているブリチャレンジは、ほとんどの年に、29日。
が、今年は27日あたりから、大荒れの天気予報。
そのまま、おとなしく、年末を大掃除や買い物で、静かに過ごそうと、一度は決めていたのですが・・・。

28日夜に、長女が帰省予定でしたが、今回は東京からではなく、監理で常駐している、長崎の五島からの帰省。
釣りも行かないので、熊本新港まで迎えに行き、苦労話でも聞きながら、家族で遅くまで呑もうかと思っていましたが、何と島原~熊本までのフェリーが、機器の故障とかで、高速船は全便ストップ。
まあ、一般のフェリーは運航しているようなので、晩飯が少し遅れてもいい、楽しい時間を過ごそう。
しかし、全国的に荒天の様子。
一応、九州内の船の運航状況をチェックしてみようと、ネットで検索してみると、何ということか、五島~長崎の高速船も時化のため、休航、とか。
有明海同様、一般のフェリーは運航しているようなのですが、それでは、乗り継ぐルートの各時間にことごとく間に合わない、状況。
結局、熊本の我が家に着くのは、五島を出てから12時間以上も過ぎた、深夜になってしまうことが、判明します。

そうなると、酒も呑めないでは、間が持たない、私。
色んな天気予報のサイトがありますが、もっとも強風や高波にはならないだろう、サイトだけを信じて、祈って・・・。
急遽、釣りの準備、当初の予定通り、29日に南の海へ行ってきました。

朝、港に着いてみると、残念ながら、やはりかなりの強風。
寒いし、風は強いし、波はあるだろうし・・・、ボートを降ろさず、そのまま帰宅しようかとも、本気で考えましたが、まあアイパイロットも積んできたことだし、風裏を探せば、青物は無理でも、烏賊釣りくらいはできるかもしれない。
頑張ってみよう・・・、と、すっかり明るくなった7時半頃、出港します。
もちろん、荒れるだろう天気予報に、スロープにも、海上にも、小型のプレジャーボートは皆無。
貸し切り状態の海を、東海岸方面へ移動します。

牛深港から出てみても、まだ風はそこまで強くなく、波も1mほど。
何とか、10月あたりに青物がよく釣れたポイントまで進むことができます。
流してみると、上げ潮と北風が拮抗し、ちょうどいいスピードでボートは移動。
おっ、強行出撃も天は味方した、我、予報に勝てり・・・。
念願のデカブリが来て、正月には娘たちにたらふく食べさせよう。
30日には餅つきがあるから、みんなにサクにして、自慢話とともに配ろう・・・。

そんな妄想を抱くには十分な、意外な天気予報はずれ、でしたが・・・、あたりが・・・、ない。
寒さの中、痺れる指先に血流を送ろうと、一生懸命、ジグジグしますが、あたりはもちろん、ベイトの集積もほとんど、ない。
時刻は既に10時過ぎ。
ついに強風は爆風に変わり、波も2mを超えるような高波に。
移動の度に、スプレーは容赦なく、頭から足先まで、じっぽりと濡れさせてくれます。

うーん、出直しの竿納めが、完全坊主、か。
まっ、腕のない私らしい、一年のしめ方、かな。
と、最後の流しに決めたのは、新春にヒラメが釣れた軌跡。
すっかり青物をあきらめたジギングから、インチクに変えてマキマキしてみると・・・。
海の神様、ありがとうございます。
やっと、その日、最初の生命反応。
55程度の赤様が来ます。
締めた後、そのまま流すと、すぐ60の赤様。
3時間、何もあたりもなかったのに、わずか15分で、二枚の赤様を捕獲します。
再度、潮上に戻り、さらなる大物を狙おうか。とも思いましたが、針の一本が変形、体は下着まで濡れかかり、ブルブル。
もう、体力、気力の限界、でした。

荒れ狂う海を、やっとの思いで帰港。
何とか、狙いの魚ではありませんでしたが、正月用の魚を手に入れ、11時前には帰路につきます。
釣るまで帰るな、と、日頃、気力を維持していますが、今回のような荒れる天気予報、そして実際に荒天への急変・・・。
いい竿納め釣行ではありましたが、その強行は、少し、反省せねばなるまい、とも思う、今年最後の、釣行、でした。

今度こそ、ほんとに、皆様、よいお年を。
181229s.jpg

スポンサーサイト

竿納 181224

竿納

今年も、性懲りもなく、年末のブリチャレンジを計画していましたが、天気予報によると、寒波襲来、荒れた年末になる、とか。
確かに風予報を見ると、年末は連日、風速10m近い風が吹く予報になってます。
うーん、まずい。
例年、釣れてはいないけど、いつも以上に貧果に終わるのが常だったが、恒例にしていた、楽しみではある。
年末の、掃除や賀状の作業を離れ、年を収める、一年の安全と遊んでくれた魚たちへの供養、みそぎ、修行みたいな、釣行。
家族に嫌味を言われつつも、強引に出撃していた、大事な行事。

それが、どうも、今年は出撃すら、できそうもない。
もちろん、多少の風なら問題ない、遊漁船に乗ってブリチャレンジすることもできるのだろうが、自分のボートで、自分の操船で、釣ることに、やはり意味がある。
しかし、小さいボートにとっては大敵の、風、そして波。

先週は仕事で上京していましたが、数時間おきに、やはり予報が気になり、ネットをチェック。
しかし、好転しない、予報・・・。
ついに、年末のブリチャレンジは諦め、先週末の昨日、とりあえず何の魚でもいいんで、釣りの感触だけでも記憶させたいと、南の海へ行ってきました。

が・・・。
ははは、最後まで、が、ですかね。
好天の土曜日は地域行事で、浮かべず。
何とか、せめて15時くらいまでは、天気が持つだろうと期待して、昨日の日曜に浮かびましたが、予報、予測、期待を超えて、10時過ぎには、ぽつりぽつり、そして風も強くなり・・・。
出港7時、陸上がり11時の、短い、竿納としては、後悔の残る、出撃となってしまいました。

冬至と満月が必ず一致するのかどうかは知りませんが、朝焼けの海に沈みゆく月は、まんまる、大潮。
しかし、昼間の潮は小さく、ボートは大抵の場所で、流れません。
活性も低く、キロアップの烏賊はうれしいものの、魚からのコンタクトも、ほとんど、なし。
一度、同船された双雲さんに、青物のあたりがあるものの、痛恨のバラシ。
全体として、厳しい、釣行となってしまいました。

今年を振り返ると、あまり、いい思いをした釣行が、やはり少なかったような気がします。
烏賊は最近こそ、良型がきてくれてますが、春烏賊は、さっぱりでした。
タコは、近年まれにみる、低活性、冷凍庫の在庫もほぼ無くなりました。
ハガツオ、マグロ、クロ・・・、予想を裏切る、おいしい魚は、今年は全く、あっ、新春のヒラメを除いて、釣ることができませんでした。
赤様は、わずか30分の間に、二枚の70を釣ることもありましたが、仕掛けが切れるか切れないか、ぎりぎりのやりとりを体験できる、80以上の赤様には、今年も会えませんでした。
青物は、コンスタントに釣れてくれましたが、ネリゴやヒラゴは、少なかったですかね。

まっ、貧果は、いつものことですが、来年のリベンジを期待して、大物とのやりとりを夢見て、年末、正月を過ごしたいと思います。
皆様、良いお年を。
181223s.jpg




ボヘミアンラプソディー 181214

ボヘミアンラプソディー

船外機が故障したのが、11月の第4週だったですかね。
三角のマリーナに持ち込み、調べてもらうと、燃料制御の配線ユニットが、船外機カバーとの間で摩耗し、破断寸前だったため、エラーが出ていた、とか。
部品を取り寄せてもらい、交換。
やっと修理が終わったとの連絡をもらったのが、先週末。
満を持して?、先週日曜にマリーナに寄り、そのまま南の海へ。
気温が高く、風も弱い好機は既に終了、修理費用も・・・、財布の中を、かなりのお札様が、擦り抜けて行きました。

日曜の出港が12時過ぎだったと思います。
急激な冷え込みのせいか、大潮の割には潮は小さく、魚の活性も高くありません。
寒さを紛らわそうと、やはり先週末、映画館で観た、ボヘミアンラプソディーをはじめとするQUEENの曲を口ずさみながら、そのテンポに合わせて、ジグジグやらチクチクやら、ラバラバしてみますが、どの曲のリズムで巻いてみても、全く魚からのコンタクト、なし。
結局、アカハタとチャリコのみで、一日目を終了。
強くなった北風の寒さに心は折れ、15時には、陸上がりを決意します。

温泉で体を温め、居酒屋で心を温め、21時過ぎには車の中で横になりますが、長い夜の安心感、油断があったんでしょうね。
月曜に起きてみると、外は日が昇り、一般の人の通勤風景も。
スマホのアラーム設定を間違っていたようで、時計は既に8時過ぎ。
前乗りで車中泊したにも関わらず、出港は9時を大きくまわり・・・、なんだかなー?、です。

火曜からは出張のため、11時には釣果に係らず、陸上がりしたいと思っていましたが、さすがに朝まずめを大きくのがしてしまった、現実。
正午までは、頑張る計画に、変更します。

まずは浅場で烏賊狙い。
貴重な1時間を過ぎても、全くあたりすらないため、沖への移動を決意しかけた時、やっと小型の烏賊が一杯。
では、年末帰省するだろう娘たちに食べさせるためにも、もう少し粘ってみるかと、また流してみると、やっと良型のあたり。
1キロ前後の烏賊を釣り、冷凍庫のストックリストに、組み入れます。
時刻は既に11時近いため、沖への移動はあきらめ、中間地点へ移動。
前日同様、QUEENの曲に合わせて、魚を狙いますが、やはり魚の活性リズムとは異なるのか、良型のオオモンハタを追加するのみで、タイムアップ。
まあ、あんまり釣っても、出張中、奥様に毎食の魚料理を強いるのは可哀そうだと、自分に言い訳して、すっかり修理され、快適な音を響かせる船外機にも感謝しながら、港へと、戻ります。

火曜から3日間、上京してきましたが、初日の仕事相手との呑み会が、豪華な刺身盛り。
二日目が、次女のオーダーで、やはり刺身盛り合わせ。
昨日、帰宅してみると、まだ、オオモンハタの煮物が・・・。
全く、家にいるのと変わらない、食生活、なんだかなー?、でした。

年内は恒例のブリチャレンジを予定してますが、QUEENの曲が、全く、はまらなかった、今回の釣り。
次回は、UKつながりで、デヴィットボウイかポリス、デュランデュラン、あるいはカルチャークラブでも歌いながら、攻めてみますかね。
いや、ブームタウンラッツも、捨てがたい、かな?・・・、I DON'T LIKE MONDAYS
変なオヤジが、海上で鼻歌歌ってたら、ごめんね。
181210s.jpg


«  | ホーム |  »

プロフィール

今日も時化た

Author:今日も時化た
熊本へ戻って以来、釣りに行きたい病が復活。
船外機付きゴムボートで天草の西へ東へ。
「釣り、たまーに仕事」をモットーに、これからも頑張ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
表紙 (1)
釣り日記 (319)
肥後ボ (20)
火のボ (82)
live日記 (98)
OL (119)
MIXI日記 (365)
イタリア旅日記 (30)

御来訪ありがとうございます

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR