FC2ブログ

2019-07

連戦連敗 160926

連戦連敗
160925s.jpg
やっぱり、ダメ、でした。
もともと実力のない私が、先週のジャンケンの幸運度くらいで、優勝できるはずもなく。
赤様の大会に出て、赤様坊主。
測ってももらえない、リリースするしかない、手のひらチャリコ一枚に終わるとは・・・。
厳しい、秋、です。

シマノ&ハヤブサの大会に出るために、前日、土曜の午後には、宿泊地、本渡を目指して天草の島々を南下します。
今でこそ、天草半島という意識もありますが、5橋が出来て50年、とか。
それまで川に橋を架けることはあっても、島と島の間に橋を架けるという前例はなかったとのことですから、その意義は大きかったんでしょうね。
土日にかけ、様々なイベントが催されたようです。
ほぼ毎週のように、通過させてもらっている、橋。
これからも、宜しくね、と声をかけながら、渡ってきました。
まあ、それは、うそ、ですが。

凪、無風と天候も良かった土曜日。
三角路、天草路で、多くの、中には知り合いのトレーラブルボートとすれ違います。
その度にルームミラーで後ろを振り返りますが、自分のボートは久しぶりに自宅待機。
尻の穴がむずむず?、尻がこそばゆい?と言うんでしたっけ、何となく、いつもと違う雰囲気に、何だか落ち着けない、変な気分がします。

ホテルへ着き、居酒屋で晩飯。
同じように大会に参加する双雲さん、外海さんと痛飲。
なかなか釣りに行けない翁林さんにも、一瞬、参加してもらって、楽しいひと時となります。
広報もそれほどなく、あんまり参加者は多くないかもしれない。
もしかして3人だけかも。
別々の船で大名釣りで、各自、一位。
みんなで決戦大会が行われる北九州へ行きましょう。
と、酒の力は妄想を肥大化させ、みんなが明日の大漁、上位入賞を夢見ます。
もちろん、その時までは、まさか、三人全員、赤様坊主という結果に終わるなんて、一切、頭の片隅にも、なかったことでしょう。

早朝5時に鬼池港へ集合。
受付と同時に、船の割り当てと、席順の抽選が行われます。
大会は5.6名ずつ、9艘の遊漁船に別れ、各船での優勝者を比較しての順位決定。
最大5枚の赤様、重量勝負、という規定でした。

早崎海峡には、30年ほど前に、湯島の鯛釣り舟で来たことがあるくらいで、全くの未知の海域。
よりよい船頭、よくポイントを熟知した船頭さんの船に当たることを祈ります。
また探検丸のモニターやアプリ配信等、もちろん最新の設備が整った船に当たることも、祈ります。

が・・・。
いざ、乗船する船名が発表されると、んっ?、私の乗る船は開催要項の船名リストにはなかった、船名。
船の近くに行ってみると、聴力がかなり衰えられた、高齢の船頭さん。
船に探検丸も、トイレも、なし。
聞けば、参加予定だった遊漁船の一つが、網?をペラに巻き込み、航行不可能になったための、緊急招集だった、とか。
乗船前から、かなり不安になりますが、テンヤ釣りではかなり有名な地元の船頭さん、とか。
それなら、早崎海峡以外の遊漁船も数隻参加している大会。
ポイントの熟知、という点では期待できるに違いない。

不安と期待の半々を胸に出港、7時、実釣開始。
と同時に、残念ながら不安の方が的中。
船頭さんは船を潮に立てようと、微速前後進を繰り返しますから、浅場にも限らず、おまつりが連続。
しかたなく、同船したシマノのスタッフの判断で、抽選で決めた座席を変更し、半々が船の両側で釣ることとなります。

テンヤ釣りでは、もちろんありがたい、その操船技術も、鯛ラバでは、逆にラインが斜めにならないと・・・。
もちろん、腕のいい、超ベテラン船頭さんに、ドテラ流しを依頼するわけにもいかず・・・。
ストップフィッシングの13時まで、それはそれは釣りやすい、バーティカルな釣り。
根魚は、かなりの確率で釣れますが、肝心の赤様は・・・。
私の記憶では、船中チャリコが6、7枚。
40弱が一枚の、貧果。
上陸後、他船の釣果も見て回りますが、我が船がダントツの貧果。
やっぱりなー、という感じでした。

ピンチヒッターで参加して頂き、乗船できたため、ありがたいのはありがたいのですが、せめて、ルアー船の遊漁船に来て欲しかった。
どういう状況の時に鯛ラバやインチク、ジグにヒットするのか、熟知している船頭さんに、当たりたかった。

あまりの貧果に、すぐさま、自分のボートでのリベンジを誓いますが、もちろん船頭さんたちの技術はすばらしく、また、見知らぬ人たちが、ライバルでありながら、同じ船の上で和気あいあいと釣りを楽しむのも、貴重な経験であることに間違いはありません。

また、来年も、参加してみようかな、とも、少し思ってます。

毎週の出撃が続いていますが、この週は珍しく、遊漁船に乗っての釣り大会。
釣り大会参加の漁船以外も多数の、おそらく数十隻の漁船がひしめく早崎の瀬戸。
スパンカを上げ、ほとんどが我が船同様、風上を向いています。
その中に、ポツンポツンと、横を向き、ドテラ流しの、大会参加のルアー船。
できれば、その一艘になって欲しかった。
そうすれば、私の竿に大物が・・・。
大物だけを掛ける、私のマル秘テクニックが炸裂したのに・・・。

と、日記には、書いておこうっと。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shiketa391.blog.fc2.com/tb.php/629-6476af1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

今日も時化た

Author:今日も時化た
熊本へ戻って以来、釣りに行きたい病が復活。
船外機付きゴムボートで天草の西へ東へ。
「釣り、たまーに仕事」をモットーに、これからも頑張ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
表紙 (1)
釣り日記 (318)
肥後ボ (20)
火のボ (82)
live日記 (97)
OL (119)
MIXI日記 (365)
イタリア旅日記 (30)

御来訪ありがとうございます

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR