FC2ブログ

2019-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶望 171211

絶望
もう、二年前になりますか。
長居のような歓喜の瞬間は、豊田スタジアムには訪れません、でした。
誰が名付けたか、J2のプレーオフの決勝を、「夢と絶望の90分」と表します。
中村北斗の、終了間際の同点ゴールで、J1へのキップをつかんだ、セレッソ相手の、長居スタジアム。
夢、が実現した、瞬間でした。
史上最強の3位、という立ち位置での、栄冠でしたが、予想通り、期待虚しく、一年でJ2へ降格。
今年は、自動昇格の2位を秋までキープしながらも、終盤、勝てない、勝ちきれない試合が続いて、J2の4位。
プレーオフの一回戦は勝利したものの、決勝は、3位、名古屋との対戦。
同点ではだめで、勝ちきらないと、昇格はできません。
今シーズンは博多の森へ行く機会も減り、熊本や大分での観戦、応援のみでしたが、あと一勝、あと一勝さえすれば、またJ1の舞台へ戻れる・・・。
弱いながらも、もう20年近く応援する、我がアビスパ。
居ても立っても居られない、精神状態に、やはり、なり、仕事も断り、釣りも諦め、先々週末、名古屋の地へ、行ってきました。

3日の正午前に、セントレアに到着。
豊田市内の建物見学を急ぎ済ませ、いざ、豊田スタジアムへ着いてみると、やはり完全アウェー。
オフサイドがよく見えないため、嫌いなゴール裏を回避し、やや高いチケットになりますが、アビスパ応援団に近い側の、サイド席を予約。
名古屋のホームですが、さすがにその近辺は、アビスパサポーターが陣取るだろうと予測していましたが、青いユニホームを着た人は、ほとんど、皆無に近い状態。
私の席の廻りも、赤いユニホームを着た人ばかりで、占拠されています。
盛り上がる、名古屋サポーターを横目で見ながら、何を見ておれ、長居のように、沢山のホームサポーターの前で、アビスパの歓喜、夢を見せつけてやる・・・。
当時、セレッソにいて、悔し涙を流した玉田選手も、今は名古屋に所属。
また、さらに悔しい、涙を流させてやる・・・。
と、心の中で思いながら、試合開始を待ちます。
豊田スタジアムs


そして、試合開始。
互いに、激しく、そしていい試合を展開。
あわや、名古屋のゴール、あわや、アビスパのゴール。
惜しい、そして危ないシーンが目まぐるしく、交差、連続し、まわりの赤いサポーターが喜んだり、青い服を着た私が立ち上がって拍手したり。
が、互いに得点を奪えず、いかん、このままでは、引き分けでは、昇格できない。
何とか、一点、何とか、一点を、と祈りだした、もう後半の後半を過ぎた、時間帯だったと思います。
クロスに、ウェリントンのヘッド、炸裂。
ウォー・・・、喜ぶ、私を始め、ゴール裏のアビスパ応援団。

が、何故か、主審が吹く、笛は、短く。
半分、喜びの涙で、よく見えない状態でしたが、冷静にピッチを眺めてみると、ラインズマンが非情の、オフサイド宣言。
旗を、上げています。
喜ぶ、名古屋サポーター、落胆する、アビスパサポーター。
夢と絶望が、どちらへ転ぶか、神がジャッジする、まさにその瞬間、でした。
私は、ゴールラインの延長線上くらいの席だったため、オフサイドではない、との自信がありましたが、もちろん、ビデオ判定もまだ始まらない、今年のJリーグ。
判定が覆ることは、ありません、でした。
人間が審判する以上、誤審も含めて、スポーツだというのは、もちろん理解しますが、そこで一点を先制していれば・・・。
かたやJ1昇格、かたや、再び、スケジュールも予算も厳しいJ2リーグ。
せめて、決勝くらいは審判の数を増やす、等の、処置は欲しかった、ところです。
帰宅後、テレビやネットで何回、その場面を再生しても、やはり左バックの選手が残っており、オフサイドでは、ありません、でした。
残念、という、一言では済まされない、重要な、1シーン、判定、そして絶望、でした。

昇格できなかったことで、早速、大規模なリストラが始まっています。
もちろん、仮にJ1へ昇格していても、残留するためには、思い切った補強、そしてリストラが必要だったんでしょうけど、プレーオフに残ったばかりに、他のJ2チームより、来年への対応が、チームとしても、選手個人としても、遅れてしまい、トライアウト等へのチャレンジもできない選手も、ちらほら。
師走の、例年以上の厳しい寒さに、選手の心情も、想像したくない、幸せな次の道が開けますように、祈らずにはいられない、この頃、です。


名古屋行き、そして地域活動等でなかなか、釣りに行けませんでしたが、先週末は久々の、週末釣行。
絶望、のストレスを少しでも和らげようと、仲間と共に、南の海へ行ってきました。
年末の恒例行事となっている、そして、未だに成功していませんが、鰤捕獲チャレンジ。
その気配でも、感じれればいいな、というお気楽釣行でしたが、大物青物は、釣れず。
ベイトの大規模な、集団エリアも発見、できず。
ま、今年も、田崎市場か子飼商店街へ、年末、行くしかないかな、という、兆候だけが見えた、釣行でした。
仲間と酒を呑み、おいしい肴を食べ、絶望のストレスはだいぶ軽減できましたが、やっぱり、完全払拭のためには、来年の12月に、再度、スタジアムで、夢をつかむ、実現するしか、ないんでしょうね。
頑張れ、アビスパ。
171210s.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shiketa391.blog.fc2.com/tb.php/670-9109922b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

今日も時化た

Author:今日も時化た
熊本へ戻って以来、釣りに行きたい病が復活。
船外機付きゴムボートで天草の西へ東へ。
「釣り、たまーに仕事」をモットーに、これからも頑張ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
表紙 (1)
釣り日記 (308)
肥後ボ (20)
火のボ (82)
live日記 (87)
OL (119)
MIXI日記 (365)
イタリア旅日記 (30)

御来訪ありがとうございます

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。